MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > 三菱が海外で「トライトン」「パジェロスポーツ」のラリーアート仕様車を発売
三菱

更新

三菱が海外で「トライトン」「パジェロスポーツ」のラリーアート仕様車を発売

三菱がラリーアート復活第1弾の特別仕様車を発表

三菱自動車は2021年11月30日、同社のラリーアートブランド復活第一弾としてピックアップトラックの「トライトン」とSUVの「パジェロスポーツ」に特別仕様車「ラリーアート」を設定し、12月1日より現地で販売開始することを発表しました。

この2台の特別仕様車は、11月30日から12月12日の間タイ・バンコクで開催される第38回タイランド・インターナショナル・モーター・エキスポ2021に出品されます。

特別仕様車2台の概要

ラリーアートは三菱自動車の子会社で、ワークスチームとしてラリー競技に参加するなどしていた。

特別仕様車では冒頭でお伝えした2車種をベースに、ラリーに参戦していたワークスカーを彷彿とさせる専用装備を用意。

主なものにレッド・シルバー・ブラックのストライプ調ボディサイドデカールや、レッドのマッドフラップ、ラリーアートロゴをあしらった内外装アクセサリーなどがあります。

2車種共通の特徴として、外装はフロントグリル、アルミホイールをブラックで統一。インテリアには、ラリーアートのロゴや、オーバーロックにレッドアクセントをあしらったフロアマットを採用しています。

トライトン ラリーアート

トライトンではクラブキャブ(メガキャブ)およびダブルキャブのローライダー仕様をベースとしています。

上記の共通装備をはじめ、レッドのアクセントカラーを加えたフロントバンパーガーニッシュ、ラリーアートロゴ付きベッドライナーを採用。

ツートンカラーモデルにはブラックのドアミラー、ドアハンドル、リヤゲートハンドル、リヤバンパー(クラブキャブのみ)を装備しています。

ボディカラーはソリッドホワイトとブラックルーフのツートンカラー、およびジェットブラックマイカの2色が用意されています。

パジェロスポーツ ラリーアート

パジェロスポーツでは、ラリーアートロゴに加えてレッドのアクセントを加えたカラーフロント&リヤアンダーガーニッシュを装備。

ツートンカラーモデルにはより引き締まった印象を与えるブラックのフェンダーアーチモールディング、ルーフレール、シャークフィンアンテナ、テールゲートスポイラーも装備されます。

ボディカラーはホワイトダイヤモンドとブラックルーフのツートンカラー、およびジェットブラックマイカの2色を用意しています。

日本での発売はなし

これら2車種はどちらも海外専売車で、国内での発売はありません。

かつての三菱を象徴するモデルだけあって、国内で販売されているアウトランダーやエクリプスクロスへの設定にも期待したいところです。

三菱車の最新情報はこちら

その他の最新情報

すごすぎる!あの名優がトヨタ博物館に超希少車を寄贈

これができる人は運転上級者?渋滞吸収車がSNSで話題に

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード