MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > 三菱が「新型軽EV」ティザー公開! 東京オートサロンで発表予定、ラリーアートコンセプトも用意
三菱

更新

三菱が「新型軽EV」ティザー公開! 東京オートサロンで発表予定、ラリーアートコンセプトも用意

三菱が東京オートサロンの出展内容を発表

三菱自動車は2021年12月20日、「東京オートサロン2022」において、新型軽EVのコンセプトカー及び、ラリーアートコンセプトカーを世界初披露する予定であることを発表しました。

東京オートサロン2022は2022年1月14日(金)から16日(日)まで幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区)で開催される世界最大級のカスタムカーの祭典。

最後に開催された2020年には、三菱は「eKクロス スペース」「eKスペース」といった新型車(当時)のほか、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」とコラボしたカスタムカーなどを出展しています。

前回の出展概要はこちら

2022年1月に詳細発表!詳しくはこちら

注目は日産と開発する「新型軽EV」

新型軽EVのティザー画像

三菱ブースで最も注目なのは、現在日産と共同開発している軽自動車規格のBEVです。

日産と三菱で兄弟車が登場すると見られ、日産側は「サクラ」という車名になる可能性があるほか、テスト走行中の開発車両も目撃済み。

先進の運転支援機能やコネクティッド機能を採用し、2022年度初頭の発売が予定されています。

ラリーアートコンセプトカーも出展

ラリーアートコンセプトカーのティザー画像

軽EVに加え、ラリーアートコンセプトカーの出展も予定されています。

公開されたティザー画像はリアバンパー部分で、バンパー右上にはラリーアートロゴのバッジを配置しています。

コンセプトカーが何の車種かは不明ですが、かなりアグレッシブな造形をしているため、三菱ラリー活動の象徴とも言える「ランサーエボリューション」の可能性も。こちらもかなり期待される内容になっています。

ラリーアートについておさらい

ラリーアートのロゴ

「ラリーアート」とは、三菱自動車の子会社として1984年に設立した企業です。

ワークスチームとしてラリー競技に参加していたことで知られていましたが、2010年に業務を大幅縮小し、主要業務の大半を終了。しかし2021年5月に復活を発表し、同年11月末には復活を記念した特別仕様車2種類が発売されています。

東京オートサロンの最新情報

三菱車の最新情報はこちら

アウトランダーがようやく日本発売!

日産と三菱共同開発「サクラ」の開発車両をスクープ!

国内の新型車情報はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード