MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > ついに三菱がラリーアートの復活を発表!新型EV投入やe-POWER設定も
三菱

更新

ついに三菱がラリーアートの復活を発表!新型EV投入やe-POWER設定も

日産が2020年度決算発表会を開催

三菱自動車 ロゴ エンブレム

2021年5月11日、三菱自動車は2020年度通期決算発表会見を開催しました。

会見には代表執行役社長兼最高経営責任者の加藤隆雄氏、代表執行役副社長(CFO)池谷光司氏、代表執行役副社長 長岡宏氏と矢田部陽一郎氏の計4名が出席。

通期実績や2021年度の見通し、中期経営計画進捗について説明したほか、今後の新型車に関する内容も含まれていました。

三菱のラリーアートが復活か!

出典:三菱自動車 2020年度決算報告資料

今回の発表で最も注目すべきは「ラリーアートブランドの復活」という内容が含まれていたこと。これは、三菱自動車らしさの具現化に向けた活動のひとつとして言及されました。

ラリーアートは三菱自動車の子会社で、ワークスチームとしてラリー競技に参加するなどしていた。

ブランド復活とともに純正アクセサリーを展開するとし、ASEAN地域をはじめ様々な地域で新しい商品を投入していくと述べています。

ラリーアート仕様のトライトンが!

ラリーアート仕様のトライトン(明るく加工したもの)

プレゼンテーション資料には、ラリーアート仕様のトライトンの画像が含まれていました。

画像では専用のグリルや赤いマッドフラップ、サイドのデカールなどが確認できます。

この車両に関する情報は現時点では不明。とはいえ、ベースグレードよりもパワートレインが向上し、悪路走破性や耐久性を強化することも考えられます。

トライトンは現在日本市場で販売されていないため、この車種が国内販売される可能性は低いでしょう。

日産と共同開発の新型軽EVはワゴン系に?

出典:三菱自動車 2020年度決算報告資料

資料の中には、5月11日に日産が言及した日産・三菱の共同プロジェクト「NMKV」によって開発されている軽自動車の情報も含まれていました。

eKシリーズのような外観に?

出典:日産自動車 2020年度決算報告資料

日産の発表では分からなかったサイドシルエットが明らかに。この形状が生産モデルのものかどうかは不明ですが、eKシリーズのようなワゴン系である可能性が高まりました。

NMKVの車種は、これまでに三菱のeKシリーズやルークスなどがラインナップしています。

三菱車にもe-POWERを設定か

出典:三菱自動車 2020年度決算報告資料

さらに、日産の人気シリーズハイブリッド「e-POWER」を三菱車にも設定する可能性が示唆されたことも注目すべきポイント。

三菱でもe-POWERという名称を使用するのかは現時点では不明。

ちなみに日産の運転支援システム「プロパイロット」は、三菱だと「MI-PILOT(マイパイロット)」という名称で導入されています。そのため、e-POWERも三菱独自の名称に変更される可能性があります。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

三菱車の新型車情報はこちら

その他の最新情報

リーク情報多数!トヨタ新型ランドクルーザーも発売間近か

市販モデルがリーク!日産フェアレディZはプロトタイプよりカッコイイ?

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード