MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > ミニキャブ・ミーブ > 【なぜ?】異例の復活を遂げた三菱軽商用EV…メーカーの狙いとは
ミニキャブ・ミーブ

更新

【なぜ?】異例の復活を遂げた三菱軽商用EV…メーカーの狙いとは

生産終了の軽商用EV車が復活

三菱は2022年11月24日、軽商用EV車「ミニキャブ・ミーブ」の一般販売を再開します。

この車種は国内メーカー唯一の軽商用EVで、2011年12月から配送業を中心にして販売されていましたが、価格の高さなどから販売が伸びず2021年3月末に一度生産を終了しています。

生産終了してもなお一部法人向けとして販売を続けていましたが、近年カーボンニュートラル社会の実現に向け、各方面で脱炭素化の取り組みが活発化したことで軽商用EVの需要が高まっている状況を受け、今回異例の一般販売再開を決定しました。

続々導入される商用電気自動車…ヤマト運輸にも

復活するのは「ミニキャブ・ミーブ」…その車とは?

今回復活する「ミニキャブ・ミーブ」はワンボックスタイプの軽商用EV車で、総電力16kWhの駆動用バッテリーと世界初の量産EV「アイ・ミーブ」で実績のあるEVシステムが搭載されています。

WLTCモードでは1回の充電で133km走行でき、三菱調べによる軽商用バンの1日あたりの走行距離65km未満に比べると余裕があります。AC200V(15A)の普通充電では約7時間で満充電になるため、業務終了後からの充電で翌日の業務開始時には満充電状態になっているといいます。

荷室は大容量で、600×450×600mmの大きさのダンボールなら14個を積み込むことができ、商用車としての使い勝手が高められた仕様になっています。さらに、荷物をたくさん積んで重くなった場合でも、走り出しからモーターの最大トルクを発生できるため、ストレスのない走りが可能になっています。

また、「ミニキャブ・ミーブ」のモーターは静粛性が高く、早朝や深夜の業務でも気兼ねなく走行できるとされています。フロア中央に配置された駆動用バッテリーで低重心化されているため、操縦安定性と良好な乗り心地で快適に走行でき、さらに振動も少ないためデリケートな荷物の運搬にも適しているようです。

「ミニキャブ・ミーブ」復活お披露目と日産と共同開発の新型モデルとは

販売再開での変更点と車両価格

今回の販売再開で変更点としてあげられているのは以下のとおりです。

  • 荷室ユーティリティ強化
  • ルームミラー・ドアミラー変更
  • オートライトコントロール追加
  • Active Stability Control追加
  • メーター内インジケーター追加
  • 電費モードをJO08からWLTCに変更

モデル別車両価格は以下のとおりです。
※グレードはCD(16.0kWh)のみ

  • 2シータータイプ:2,431,000円~
  • 4シータータイプ:2,453,000円~

※価格は税込み

一部メディア報道によると、2024年前半にはホンダも軽商用EV車の導入を目指しており、今後競争が激化するのではと予想されています。

EVにふれるならここから!

三菱の新型車はこちら!

EV車のおすすめって?ランキングはこちら!

カーラバ美女はどんな愛車に乗ってるの?

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!
執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード