MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > ekワゴン > 新型 三菱 eKワゴン フルモデルチェンジ発売開始【最新詳細情報】
ekワゴン

更新

新型 三菱 eKワゴン フルモデルチェンジ発売開始【最新詳細情報】

新型eKワゴンが発売開始!

三菱 eKワゴン eKクロス 2019 フルモデルチェンジ発表会
三菱 新型eKワゴン 2019

2019年3月28日、新型軽自動車『eKワゴン』『eKクロス』発表会が開催され、同日に三菱eKワゴン/eKクロス(eK X)が発売されました。

新型のeKワゴンは三菱と日産の合弁会社NMKVが新たな開発、生産プロセスのもとプラットフォームから、エンジン、ミッションといった基幹部品を刷新した新しい軽自動車です。

eKワゴンは三菱自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」等の運転支援技術を搭載。いままでの軽自動車とは一線を画す次世代の軽自動車といえます。
eKクロスと異なる点としては、eKクロスが新規顧客獲得を目指しデザインやカラー面での「冒険」が行われたモデルであることに対して、eKワゴンが現行車の正常進化版。実際に見て、乗って感じる「パーシブドクオリティ(感性品質)」にこだわったモデルとのこと。

静粛性と燃費を向上した新開発のパワートレイン

三菱 eKワゴン eKクロス 2019 フルモデルチェンジ発表会
三菱 取締役会長CEO 益子修

従来よりも摩擦抵抗を低減しつつ高圧縮比化を行なった新型エンジン、高効率かつワイドなギアレシオの新型CVTを採用。低速域から高速域までストレスのない走行性能を実現。
摩擦抵抗の低減などの高効率化は燃費性能にも影響を与えており、WTLCモードの燃費は18.2~21.2km/Lを達成しています。

 2WD4WD
種類直列3気筒直列3気筒
最高出力38kW[52PS]/6400rpm38kW[52PS]/6400rpm
最大トルク60N・m[6.1kgf・m]/3600rpm60N・m[6.1kgf・m]/3600rpm
トランスミッションCVTCVT
WTLCモード燃費21.2km/L18.2km/L
市街地モード燃費18.6km/L15.6km/L
郊外モード22.3km/L19.4km/L
高速道路モード21.7km/L18.8km/L

新開発のプラットフォームで室内空間を拡大

三菱 新型eKワゴン 2019

従来のモデルからホイールベースを65mm延長することで、快適な室内空間が実現されています。また後席のニースペースを70mm拡大、全席を最も後ろに下げた状態でも足を組むことができるレベルの空間が確保されています。

全長全幅全高
339514751640
ホイールベース車両重量乗車定員
2495830~8904
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

安心感をもたらす先進技術

三菱 eKワゴン 2019 マイパイロット
広報画像

三菱としては初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」をオプション採用。これは高速道路において車両側がアクセル、ブレーキ、ステアリング操作を支援することで、ドライバーのストレスや疲労を軽減し、ロングドライブをサポートするというもの。

この他にも従来モデルに採用されていた予防安全技術「e-Assist」も引き続き採用。装備面で普通車に劣るポイントは無いといえる内容です。

新型eKワゴンはダイナミックシールド採用のデザインに

三菱 新型eKワゴン 2019
三菱 新型eKワゴン 2019

外装は「THE CUTE CHIC(キュート・シック)」をデザインコンセプトとしており、張りのある曲面で全体を構成。躍動感と可愛らしさの両立を図ったデザインとされています。

フロントフェイスはワイド感を演出するために水平基調のグリルとヘッドライトがつながるようなデザインとされています。
ボディカラーは新色としてミントブルーメタリックを採用し、デザインを引き立てる全7色のラインナップとなりました。

細部のディティールと広さにこだわったインテリア

三菱 新型eKワゴン 2019
三菱 新型eKワゴン 2019
三菱 新型eKワゴン 2019

インテリアは「快適な空間」「わくわくする魅力的なディテール」「スマートな使い勝手」をコンセプトにデザインされており、機能性と質感へのこだわりを感じる仕上がりとなっています。

インストルメントパネルは「ホリゾンタルアクシス」というデザインコンセプトを採用。スマートなデザインで優れた前方視界を実現。オートエアコンパネルはタッチパネル式を採用。
マルチインフォメーションディスプレイはペダルの踏み加減を表示する「エコペダルガイド」などの情報をカラフルに表示します。

7種類のシックなボディカラー

ボディカラーは「大人の感性に合う、落ち着きのカラーリング」をテーマに、新色のミントブルーメタリックを含んだ7色がラインナップされています。

・ホワイトソリッド
・ホワイトパール
・スターリングシルバーメタリック
・ブラックマイカ
・オークブラウンメタリック
・コーラルピンクメタリック
・ミントブルーメタリック

ミントブルーメタリック

三菱 新型eKワゴン 2019
三菱 新型eKワゴン 2019

コーラルピンクメタリック

三菱 新型eKワゴン 2019
三菱 新型eKワゴン 2019

オークブラウンメタリック

三菱 新型eKワゴン 2019
三菱 新型eKワゴン 2019
三菱 新型eKワゴン 2019

SUVスタイルの「eKクロス」も登場!

三菱新型eKクロス

三菱 新型eKクロス 2019

新型ekワゴンシリーズでは、SUVスタイルモデル「eKクロス」がラインナップしています。これに伴い「eKカスタム」はラインナップから外れました。

新型eKクロスについては以下記事で詳しく解説しています。

新型 三菱 eKクロス発売!デザインと色にこだわった軽SUV【最新詳細情報】

価格は10万円程度アップ 先進安全装備は+7万円

M2WD1,296,000円
4WD1,425,600円
G2WD1,377,000円
4WD1,506,600円

新型eKワゴンは先代モデルに比べてどのグレードもほぼ同額~10万円程度の値上げがなされています。従来オプション設定されていた「e-Assist」が全車標準装備となっており性能面を考えればお買い得であるといえるでしょう。
新搭載となる先進安全装備「MI-PILOT(マイパイロット)」はGに+70,200円で搭載可能となります。

i-MiEV後継の「eK EV」も開発中か!2020年末に発売の可能性も

三菱 i-MiEV

三菱 i-MiEV 2018

さらに、三菱が2007年から販売しているEV「i-MiEV」の実質的な後継モデルとなる新型EVが、eKワゴンをベースに開発中という情報があります。

日産と三菱の両ブランドから発売されるというこの新型EVは、i-MIEVの164kmを超える220kmの航続距離と予想されています。三菱 i-MIEVは現在登録車ですが、eK EVがどのような登録区分になるのかは不明です。また、車名も「 i-MIEV」と「eK」どちらを踏襲するかにも注目。

ネットの情報によれば新型EVの発売日は2020年末とのこと。今後の追加情報が気になるところです。

日産の新型車に関連する記事はこちら

日産の新型車・モデルチェンジ全情報【2018-2019年最新版】

【2019年版】軽自動車人気ランキング&選び方 現行モデル全車種網羅!

すべての画像を見る (15枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!