MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > eKクロススペース > 三菱「eKスペース」新型へフルモデルチェンジ、「eKクロス スペース」を追加|新旧比較とハイライト
eKクロススペース

更新

三菱「eKスペース」新型へフルモデルチェンジ、「eKクロス スペース」を追加|新旧比較とハイライト

発売は2020年3月19日から

左が新型eKスペース、右がeKクロス スペース。
左が新型eKスペース、右がeKクロス スペース。

三菱自動車は2020年2月6日に、軽自動車でスーパーハイトワゴンに属する「eKスペース」をフルモデルチェンジし、3月19日から発売を開始することを発表しました。また、SUVテイストのクロスオーバーモデル「eKクロス スペース」を新たに追加設定しました。

新型「eKスペース」デザイン新旧比較

新型eKスペースのフロント
新型eKスペース
先代三菱eKスペースのフロント
先代eKスペース

新型eKスペースは先代に比較してスッキリとスタイリッシュな印象に。三菱自動車は「親しみやすさ」も強調していました。

三菱新型eKスペースのリアサイド
新型eKスペース
先代のeKスペース

リアのデザインも水平貴重で安定感があるデザインに。フロントデザインと同様にスッキリとしています。Cピラーからリアエンドに向かってせり上がるようなデザイン「ジェットフィンピラー」が特徴的。ボディ面積が広く見えて車体の強さ、安定性が高い印象を受けます。

新型 三菱 eKクロス スペースのデザイン

三菱新型eKクロス スペースのフロントとサイド

力強い印象の新型eKクロス スペース。「ダイナミックシールド」と呼ばれる三菱自動車のデザインコンセプトが採用されています。

新型三菱eKクロス スペースのダイナミックシールド
「ダイナミックシールド」
新型三菱eKクロス スペースのサイド・リア
新型eKクロス スペースのリアサイドも「ジェットフィンピラー」。

eKスペースのリアデザイン、左右をテールランプをつなぐ太いガーニッシュにメッキを施し、バンパー形状とブラックアウトしたホイールアーチによる演出でSUVの印象を強めています。

「ダイナミックシールド」ワゴン3きょうだい記念撮影

三菱デリカD:5、eKクロス スペース、eKクロスの3台が並ぶ
左からデリカD:5、新型eKクロス スペース、eKクロス。

新型eKクロス スペースのデビューで、三菱自動車のワゴンタイプは3車種、3兄弟になりました。ちなみに、アウトランダー、エクリプスクロスのSUV2車種もダイナミックシールドを採用しています。

豊富なボディカラー

新型eKクロス スペースのテーマカラー。オリーブグリーンメタリックとホワイトソリッドのルーフの2トーン。
新型eKクロス スペースのテーマカラーは、オリーブグリーンメタリックとホワイトソリッドのルーフの2トーン。

eKクロス スペースはルーフの色がボディ色と異なる2トーンカラーを6通り、モノトーンカラーで7通りの全13色、eKスペースでは、3通りの2トーンカラーと6通りのモノトーンカラーの全9通りと豊富なラインナップを展開しています。

ヘッドライト周りのデザインの違いにクローズアップ

新型eKスペースのヘッドライト周り
新型eKクロス スペースのヘッドライト周り

ホイールベースを65mmも延長!広くなった室内空間

新型eKスペース、eKクロス スペースは先代eKスペースに比較して、65mmもホイールベースを延長、室内空間が広くなりました。

新型eKスペースのリアシート
三菱新型eKクロス スペースのリアシート
新型eKクロス スペースのリアシート

軽スーパーハイトワゴンのクラストップとなる、後席スライド量にハンズフリー・オートスライドドアの採用で利便性も大きく向上。

三菱新型eKスペースのフロントセパレートシート
メーカーオプションで前席セパレートシートを設定。室内で前後の移動が楽に。後席のこどもの世話などに重宝。
三菱新型三菱eKスペースのフロントインテリア
新eKスペース
三菱新型eKクロス スペースのフロントインテリア
新型eKクロス スペース

先進運転支援技術「マイパイロット」と安全装備「三菱 e-Assist」を装備

三菱新型eKスペース MI-PILOT(マイパイロット)操作ボタン
MI-PILOT(マイパイロット)操作ボタン

新型eKスペース・eKクロス スペースには、高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」と機能が拡充された先進予防安全技術「三菱 e-Assist」が装備されます。

「三菱 e-Assist」に追加された4つの新機能

  1. 前方衝突予報警報
    2台前をはしる車両をミリ波レーダーで捉えるシステムで、ブレーキが必要になると警報ブザーとインフォメーション画面でドライバーに注意を促す。
  2. ふらつき警報
    ドライバーのハンドル操作を監視。注意力散漫システムが判断するとドライバーに警報ブザーとインフォメーション画面で注意を促す。
  3. 標識検知
    車両進入禁止、最高速度、一時停止の標識を検知しインフォメーション画面に標識を表示。車両進入禁止には警報ブザーも。
  4. 先行車発進通知
    信号待ちなどで停車中、先行車が発進しながらも自車が停車し続けていると警報ブザーとインフォメーション画面でドライバーに注意を促す。

エンジンはハイブリッドとターボ

新型三菱eKクロス スペース
のエンジン。

エンジンはハイブリッドシステムを採用したNA(自然吸気エンジン)と、ターボエンジンの設定。トランスミッションは全車CVT。ターボエンジン車はパドルシフトが付きます。

ヒルディセントコントロールも搭載

国内発売の三菱自動車では初となる、ヒルディセントコントロールをeKクロス スペースに搭載。急な下り坂や滑りやすい下り坂を自動で一定の低車速に保って走行してくれます。その車速幅は時速約4kmから20kmと広めの設定になっています。

新車車両価格

三菱新型eKスペースとeKクロス スペース

新型eKスペースの新車車両価格は、「M」グレードのハイブリッド自然吸気エンジン・2WDで1,399,200円から「T」グレードのハイブリッドターボ・4WDの1,767,700円、eKクロス スペースでは 「M」グレードのハイブリッド自然吸気エンジン・2WDで1,655,500円から「T」グレードのハイブリッドターボ・4WDの1,991,000円となっています。

予約注文は2月6日より開始

3月19日からの発売開始に先駆け、新型eKスペース・eKクロス スペースの発表日の2月6日から予約注文を開始しています。月間販売台数目標は2,400台とのこと。

三菱新型eKクロス スペース・eKスペース スペシャルサイト

この記事の執筆者
MOBY編集部