MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > 三菱 > デリカD:5 > 【ミニバン徹底比較】三菱 デリカD5vsマツダ ビアンテ!ライバル車対決
デリカD:5

更新

【ミニバン徹底比較】三菱 デリカD5vsマツダ ビアンテ!ライバル車対決

”PLAY THE NATURE” 三菱「デリカD5」

三菱 デリカ D5 2016年

SUVとの融合を図ったミニバンで、アウトランダー譲りのメカニズムで優れた走破性能を誇る三菱「デリカD5」。街乗り用として求められる燃費の良さを兼ね備えた電子制御4WDを採用するミニバン唯一のスペックとなっていて、ライバル車と明確な差別化が行われています。

普段は街中で乗っていてもオートキャンプ場や、山道、雪道にも安心してガンガン突っ込んでいけるタフさは通常のミニバンは持っていません。沢山買い物をした時やアウトドアに繰り出す際の大荷物を乗せた車体にパワフルなクリーンディーゼルエンジンは相性抜群です。

【三菱 新型デリカD:5 ビッグマイナーチェンジ最新情報】発売日は2018年内?価格や外装と内装など変更点は

“乗る人みんなを笑顔に” マツダ「ビアンテ」

マツダ ビアンテ グランツ-SKYACTIV 初代

個性的なエクステリアと広い室内空間を持ち、2列目シートを大きく後ろに下げたリムジンモードも可能なシートアレンジなど、数々の特徴を持つマツダ「ビアンテ」。軽快なハンドリングと安定感あふれる乗り心地には定評があります。

高効率直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」、高効率オートマチックトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」。

スライドドアからの乗降性は文句なく、ドライバーのイメージ通りに加速するパワー。ミニバンとしてユーザーを裏切らない利便性と、予想以上のパワフルな走行を可能にします。

マツダ ビアンテがマイナーチェンジ!デザイン・性能や新型フルモデルチェンジ情報も!

三菱「デリカD5」とマツダ「ビアンテ」をデザインで比べてみた!

三菱「デリカD5」のインテリア&エクステリア

三菱 デリカ D5 2016年

「デリカD5」のエクステリアは直線基調の角張ったフォルムに、SUV( スポーツタイプ多目的車の総称)のような大径タイヤの組み合わせ。「万人向けではないところが逆に良い」とファンから熱い支持を得ています。

三菱 デリカ D5 2015年 フロント
Tokumeigakarinoaoshima CC0 / CC0 1.0
出典 : https://commons.wikimedia.org/

インタークーラー(燃焼用に吸入した空気を、密度を高めて燃焼効果を上げるために冷却する装置)を、ラジエター(熱を放熱する装置)の前に装着することでより効率的にエンジンに入る空気を冷やすことができます。

三菱 デリカ D5 2009年 内装

人気の高いブラック内装もラインナップにはあります。本木目&本革巻ステアリングホイールなどを採用し上質感あるインテリア。釣竿などのような長い物でも楽々乗降可能です。

マツダ「ビアンテ」のインテリア&エクステリア

マツダ ビアンテ グランツ-SKYACTIVE 2013年

躍動感あふれるスポーティなスタイリングを表現し、止まっていても動きを感じさせる「ビアンテ」のエクステリア。重心が低く安定感を感じさせるデザインながらワイドな視界や開放感といった機能性も両立させています。

マツダ ビアンテ 2013年式 インテリア

大荷物を入れられるという点では「デリカD5」に引けをとりません。セカンドシートを一番後ろに下げると家族5人がゆったりと過ごせるリビングモードになり、自転車もまるごと入ります。ダッシュボードの高い位置にメーターをレイアウトすることで、ドライバーの目や首の疲れも軽減してくれます。

マツダ ビアンテ 2013年 インパネ

三菱「デリカD5」とマツダ「ビアンテ」のデザインはどちらが良い?

「デリカD5」も「ビアンテ」も、ハイルーフ(室内の居住性、積載空間を広げるためにルーフパネルを標準車より高くした)ミニバンとして3台それぞれ個性的なスタイリングを持っており、好みがはっきり分かれます。

「ビアンテ」は居住性に優れながらもスポーティなデザイン。

「デリカD5」はパワフルながらもゆったりとリラックスして乗れるデザインとなっています。

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ