MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ミニバンの選び方・購入ガイド!ジャンル別おすすめのミニバンも紹介
メーカー・車種別

更新

ミニバンの選び方・購入ガイド!ジャンル別おすすめのミニバンも紹介

Mサイズミニバンの特徴とおすすめ車種は?

ミニバンの中核を担うクラスが、「Mサイズミニバン」です。Mサイズミニバンはボディがやや大柄ですが、そのぶん車内が広く、居住性や快適性に優れます。

また、Mサイズミニバンはシートアレンジが多彩なモデルが多く、使い勝手が良好。乗車人数や荷物の量に合わせてシートをセッティングできますし、車中泊にも対応します。

ただし、Mサイズミニバンは小回りが利きにくく、運転が苦手な方だと使いにくさを感じる場合があります。Mサイズミニバンの相場価格は、250万〜350万円前後。グレードが多彩なモデルが多いため、価格帯の幅は広めです。

以上の特徴をもつMサイズミニバンは、5人以上で暮らすファミリー層におすすめ。家族旅行やレジャーに大活躍してくれます。

【おすすめNo.1】トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー フロント

MサイズミニバンのおすすめNo.1モデルは、トヨタ ヴォクシーです。ヴォクシーは、トヨタのミニバンの中でも中堅クラスのモデル。スタイリッシュなエクステリアの内側に、高い実用性や快適性を備えています。

ヴォクシーの室内高は1,400mmと高く、小学校中学年までの子供であれば、車内で立ったまま着替えができます。

ヴォクシーは、3列目シートの使い勝手も良好。必要に応じて左右の壁面に畳めますし、シートを跳ね上げて固定する操作は片手で軽々行えます。

ヴォクシーの室内は使いやすいだけでなく、インテリア(内装)のデザインがクールです。カッコよさと実用性を併せ持つミニバンをお探しなら、ヴォクシーをチェックしてみてください。

【おすすめNo.2】日産 セレナ

日産 セレナ 新型 2016年

MサイズミニバンのおすすめNo.2モデルは、「日産 セレナ」です。セレナの大きな特徴といえるのが、室内の広さ。最大室内長が3,240mmあり、3列目シートまでゆったりと座れます。

使い勝手に配慮された基本機能も、セレナの特徴です。セレナの3列目シートは、左右の壁面の低い位置に跳ね上げて格納することが可能。シート格納時もリアサイドガラスが隠れないため、斜め後方の視認を妨げません。

なお、セレナのラインナップには、2018年3月1日に「e-POWER」が加わっています。e-POWERは、エンジンを発電機として使い、モーターのみで駆動するモデル。燃費性能が高く、独特の走行感覚を楽しめるモデルとして注目を集めています。

【おすすめNo.3】トヨタ エスクァイア

トヨタ エスクァイア

MサイズミニバンのおすすめNo.3モデルは、「トヨタ エスクァイア」です。エスクァイアは、同じくトヨタのヴォクシーや「ノア」の兄弟モデル。ノアをベースとしながら、高級感のあるデザインを採用したラグジュアリーなミニバンです。

エスクァイアの室内は、シックでエレガントな色調で整えられています。3列目シートの使い勝手はヴォクシーと同様に優れており、片手で簡単に格納することが可能。また、大きなスライド幅を活かして2列目シートを後方へ移動させることで、リビングルームのように快適な室内空間を作り出せます。

Lサイズミニバンのの特徴とおすすめ車種は?

全長4,800mmを超える「Lサイズミニバン」は、広大な室内空間が魅力です。また、多くのLサイズミニバンは各メーカーのフラッグシップモデルであり、豪華な装備が盛り込まれています。

つまり、Lサイズミニバンは室内が広くて豪華。ただし、車体が大きいため、日常的な使い勝手はお世辞にもよくありません。とくに、狭い駐車場での取り回しには、運転に慣れている人でも苦労する場合があります。また、重量が重く燃費が悪い点も、Lサイズミニバンのデメリットです。

…と、デメリットは多いものの、Lサイズミニバンは長距離移動時の快適性に優れています。Lサイズミニバンの相場価格は、350万〜700万円以上。ロングドライブの機会が多い方や、車内での時間を特別なものにしたい方に、Lサイズミニバンはおすすめです。

【おすすめNo.1】トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ヴェルファイア

LサイズミニバンのおすすめNo.1は、「トヨタ ヴェルファイア」です。ヴェルファイアは、トヨタミニバンのフラッグシップモデル。アグレッシブな外観と、ラグジュアリーな内装を備える最上級ミニバンです。

ヴェルファイアの大きな特徴といえるのが、助手席や2列目シートの快適性。助手席は最大1,160mmもスライドさせることができ、車の中とは思えないほどゆったりと座れます。また、2列目シートのスライド幅も最大830mmと大きく、足を伸ばして座ることが可能です。ヴェルファイアは、快適な車内で同乗者をおもてなしできるモデルといってよいでしょう。

【おすすめNo.2】トヨタ アルファード

トヨタ アルファード
ベース車として名前が挙がっているトヨタ アルファード

LサイズミニバンのおすすめNo.2は、ヴェルファイアの兄弟モデルである「トヨタ アルファード」です。アルファードは、威風堂々としたエクステリアが魅力のミニバン。迫力あるボディの中には、ヴェルファイアと同様の快適装備が備わっています。

【おすすめNo.3】ホンダ オデッセイ

ホンダ オデッセイ 2017年型

LサイズミニバンのおすすめNo.3は、「ホンダ オデッセイ」です。オデッセイは、ラグジュアリー感と使い勝手のよさを併せ持つミニバン。内装は質感にこだわってデザインされているほか、一部グレードの2列目シートにオットマン(足置き)を備えて快適性を高めています。

また、オデッセイの3列目シートは、床下に収納することが可能。簡単な操作で、大容量のラゲッジスペースを作り出せます。

小回りの利きやすさも、オデッセイの魅力です。オデッセイの最小回転半径は5.4mと、Lサイズミニバンの小回り性能としてはトップクラス。オデッセイはただ高級感があるだけでなく、日常での使いやすさに配慮されたモデルだといえます。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (27枚)

コメント

利用規約

関連する記事