MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > メルセデスAMG Gクラス > メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sが2020年にフルモデルチェンジか!スペックや発売日と価格は
メルセデスAMG Gクラス

更新

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sが2020年にフルモデルチェンジか!スペックや発売日と価格は

【最新情報】メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sがフルモデルチェンジか!

ニュルブルクリンクで高速テストを行う新型AMG GLE 63 S

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

2019年に登場予定とされるメルセデス・ベンツのミドルクラス・クロスオーバーSUVの新型GLE。
メルセデス・ベンツ GLEのトップグレードである、GLE AMG63 Sのプロトタイプが早くも確認されました。

メルセデス・ベンツ新型GLEには、「AMG GLE63」と、さらにエンジンパフォーマンスを向上させた「AMG GLE63 S」が設定される予定です。
ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェでの高速テストを開始したGLE AMG63 Sのスパイショットを元に、そのスペック、価格、発売日などの予想と最新情報についてまとめました。

メルセデス・ベンツ新型GLEについてはこちら

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sの外装(エクステリア)デザイン

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sのフロント

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sのサイド

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sのリア

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

ニュルブルクリンクを疾走するメルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sのエクステリアは、太いタイヤを収めるためにベースモデルよりも拡大された前後のフェンダーと、吸気量が増えたエンジンに対応する大型のエアインテークが確認できます。

もっとも特徴的なのは、「パナメリカーナ・グリル」と呼ばれる、ベースモデルとは大きく異なる格子上のフロントグリルです。
1952年の名車「300SL カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」のフロントグリルをモチーフとした由緒あるデザインが、今後のAMGモデルのアイデンティティになります。

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sの内装(インテリア)デザイン予想

<参考>メルセデス・ベンツ新型GLEのインパネ

メルセデス ベンツ 新型 GLE スパイショット

スパイショットに収められたのはメルセデス・ベンツ新型GLEのインテリアです。
新型AMG GLE 63 Sもインテリアのベースは新型GLEと同じものが採用される可能性が高いため、上のスパイショットを参考にご紹介します。

インテリアのほとんどが、カモフラージュに覆われ、その詳細は確認できません。

唯一確認できるのが、インパネに並んで鎮座する二つの大きな液晶画面です。
ステアリング上の液晶画面には、速度や回転数など車両情報をデジタル表示させ、ステアリングスポークに設けられたコントローラーで表示情報などを選択できる、デジタルコックピットを採用しています。

センターに位置する液晶画面は、NVIDIAと共同開発された「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」です。
ナビゲーションや、空調システムなどをコントロールできる「インフォメーションシステム」と、オーディオやインターネット接続などの「エンターテイメント」を組み合わせた「インフォテインメントシステム」を搭載し、音声対話型AI(人工知能)で統合制御される先進の装備です。

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sのスペックは?

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

ボディサイズ

メルセデス・ベンツ新型GLEは、SUV用新プラットフォームである「HMA(モジュラー・ハイ・アーキテクチャー)」が採用されています。
先代GLEよりも延長されるであろうホイールベースにより、高い操縦安定性と広い室内空間が与えられます。

また、ボディ形状の見直しにより、空気抵抗係数を表すCd値が0.32から0.30へと向上し、低減した空気抵抗により20%ほどの燃費向上が図られる予想です。

エンジン・スペック

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE63には、AMG製4リットルV型8気筒ツインターボが搭載される見通しです。
その最高出力は、AMG GLE63が571ps、最上位のAMG GLE63 Sでは612psにも達する見込みで、ライバルであるポルシェ カイエンターボを圧倒するパワーを手に入れます。

パワートレイン

クロスオーバーSUVであるキャラクターと、圧倒的なパワーを誇る新型AMG GLE63 Sには四輪駆動は必要不可欠です。
9速AT「9G-TRONIC」か、あるいは7速デュアルクラッチトランスミッションを介した「AMG 4MATIC」四輪駆動システムで、621psのパワーを余すことなく路面に伝えることでしょう。

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sは自動運転レベル2を搭載か!

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

新型AMG GLE63には先代同様、クルーズコントロールが装備されるのは間違いないでしょう。
メルセデス・ベンツが開発を進める高機能型追尾式クルーズコントロールの「ドライブパイロット」は標識や交通状態を自動認識し、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御します。
「ドライブパイロット」は単なるクルーズコントロールにとどまらない自動運転レベル2〜3に値する性能を持っています。

自動運転について詳しくはこちら

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sの価格は?

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sの車両価格は情報が全くなく予想もできない状況です。
新しい情報が入り次第、この記事でお伝えします。

参考までに、先代メルセデス・ベンツ AMG GLE 63 S 4MATICの価格は1,740万円。
メルセデス・ベンツ AMG GLE 63 4MATICの価格は1,150万円に設定されていました。

メルセデス・ベンツ AMG GLE 63 Sとはどんな車?

メルセデス・ベンツ初代AMG GLE 63

メルセデス・ベンツ AMG GLE 63 初代
RL GNZLZ CC 表示 – 継承 2.0 / CC BY-SA 2.0
出典 : https://www.flickr.com/

メルセデス・ベンツ GLEは、かつては「Mクラス」の名称が付けられていた、メルセデス・ベンツのラグジュアリー・ミドルクラス・クロスオーバーSUV。
2015年のマイナーチェンジのタイミングで「GLE」へと名称が刷新されました。
メルセデス・ベンツのレーシングエンジニアリングを担当する、AMGによりチューニングされるAMG GLE 63 Sは、オンロード、オフロード問わず、その高いハイパフォーマンスを発揮しながら、フォーマルな場所もよく似合う優れたオールラウンダーです。

メルセデス・ベンツ GLEについてはこちら

メルセデス・ベンツ GLEの中古車情報はこちら

最新「GLE」中古車情報
本日の在庫数 253台
平均価格 811万円
本体価格 289~1,280万円

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sの発売日は?

AMG GLE 63S スパイショット 2018年

ベースモデルとなるメルセデス・ベンツ新型GLEは、2019年内の登場予定です。
新型AMG GLE 63、及びAMG GLE 63 Sは、それよりやや遅れた2020年3月頃の登場になる見通しとなっています。

メルセデス・ベンツ新型AMG GLE 63 Sの新しい情報が入り次第この記事でお伝えしますので、どうぞご期待ください。

AMGに関する記事はこちら

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事