MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > メルセデスAMG Cクラス > メルセデスAMG新型C43/C63発売開始!ビッグマイナーチェンジの変更点は?
メルセデスAMG Cクラス

更新

メルセデスAMG新型C43/C63発売開始!ビッグマイナーチェンジの変更点は?

メルセデス AMG 新型C43/C63が日本で発売開始

AMG新型C63 シリーズ

メルセデスAMG C63シリーズ_2018

メルセデス・ベンツ日本は、2018年7月25日「メルセデス・ベンツ Cクラス」のマイナーチェンジされた新型モデル、「セダン」「ステーションワゴン」「クーペ」「カブリオレ」の4車種を同時発表し、注文の受け付けを開始しました。

その中には高性能バージョンである AMGモデルも含まれており、4車種に設定されている「AMG C43 / C63」も発表とともに受注を開始されています。

マイナーチェンジの主な変更点

AMG新型C43/C63/C63Sのマイナーチェンジによる主な変更点は以下の通りです。

・前後バンパーのデザイン
・フロントグリルのデザイン
・新しいLEDヘッドライト
・ワイドディスプレイの採用
・洗練されパワーアップしたパワートレイン(C43)
・インテリジェントドライブを標準装備

これら変更点について説明します。

新型Cクラスについてはこちらから!

前後バンパー刷新!フロントはアグレッシブかつスポーティーな外装に

AMG新型C43 フロントグリル

メルセデスAMG C43 フロントグリル_2018

AMG新型C63S フロントグリル

メルセデスAMG C63S クーペ フロントグリル_2018

AMG新型C43/C63の前後バンパーは、新型Cクラスにて刷新されたデザインをベースにしています。

ヘッドライトも刷新され「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」と「マルチビームLEDヘッドライト」を採用しています。
「マルチビームLEDヘッドライト」はS/Eクラスに採用されており、片側84個のLED光源をもち最長650m先まで照射するウルトラハイビームも搭載されました。

AMG新型C43のラジエターグリルは今までC63シリーズが採用していたイリジウムシルバーマットに塗装した、ツインルーバーの「AMGラジエターグリル」を採用することで威厳のある顔つきに。エキゾーストテールパイプは「ツインラウンドテールパイプ」に変更されました。

AMG新型C63のフロントグリルには、AMG GT ロードスターで採用されて「AMGパナメリカーナグリル」を採用することによって、スポーティーな雰囲気がフロントマスクを引き締めています。

ワイドディスプレイ採用で近未来的な内装に

AMG新型C43 運転席

メルセデスAMG C43_2018

AMG新型C43/C63の運転席正面のメーターパネルは12.3インチのコクピットディスプレイとして、メーターの表示だけではなくドライビングに必要な情報を映し出します。

センターコンソール上部に設置された10.25インチのワイドディスプレイは、ナビゲーションだけに利用するだけではなく新世代のCOMANDシステムとして、「ナビゲーション」「電話」「音楽」「スマートフォンとの連携(Apple CarPlay/Android Auto)」に、利用できるマルチインターフェースです。

高級ホテルのラウンジを思わせる極上の心地よさで乗る人を包み込むようなデザインと、2つの大型ディスプレイによるインターフェースの組み合わせは映画で見るような近未来のインテリアと言えるでしょう。

パワートレインは変更なし

AMG新型C43(3.0L V型6気筒ターボ

メルセデスAMG C43 エンジン_2018

AMG新型C63S(4.0L V型8気筒ターボ)

AMG C63S エンジン_2018
  C43 C63 C63S
エンジン種類 V型6気筒ツインターボ V型8気筒ツインターボ V型8気筒ツインターボ
排気量 3.0L 4.0L 4.0L
最高出力 287[390]/6,100 350[476]/5,500〜6,250 375[510]/5,500〜6,250
最大トルク 520[53.0]/2,500〜5,000 650[66.3]/1,750〜4,500 700[71.4]/2,000〜4,000
トランスミッション 9AT 9AT 9AT
駆動方式 4WD FR FR
使用燃料 ハイオク ハイオク ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

AMG新型C43シリーズに搭載されるエンジン本体は変わりありませんが、ターボの大型化と制御の改良にて23PSを上乗せすることになり、高最高出力390PSとなりましたが最大トルクは変わりありません。

AMG 4MATICにてリアよりのトルク配分「31:69」、スポーツ走行に限らず強力なトラクションと安定感あるハンドリングを実現しました。

AMG新型C63/C63Sのエンジンは変更なく、高回転まで滑らかに溢れ出す強大なパワーとトルクは9速の「AMGスピードシフトMCT」を介して、ドライバーの意のままにコントロールできます。

執筆者プロフィール
Avatar
宮代ツトム
すべての画像を見る (10枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事