MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > EQC > メルセデス・ベンツEQC早くも次期新型へフルモデルチェンジをスクープ!その理由は?
EQC

更新

メルセデス・ベンツEQC早くも次期新型へフルモデルチェンジをスクープ!その理由は?

ドイツの高級車メーカー、メルセデス・ベンツの次世代ピュアEVでクロスオーバーSUVの「EQC」が早くもフルモデルチェンジするようです。プロトタイプのスパイショットとともにスクープ情報がMOBY編集部に入ってきました。

早すぎる2代目へのフルモデルチェンジ!それには理由があった

次期新型 メルセデス・ベンツ EQC プロトタイプ スパイショット
フロント
厳重なカモフラージュでスパイショットされた次期新型メルセデス・ベンツ EQCの初期プロトタイプ。
次期新型 メルセデス・ベンツ EQC プロトタイプ スパイショット
フロント拡大
ヘッドライトは完全なダミー。
次期新型 メルセデス・ベンツ EQC プロトタイプ スパイショット
フロントサイド
ボディサイズはほぼ現行モデルと変わらない模様。サイドミラーがドア部分へ移動している。
次期新型 メルセデス・ベンツ EQC プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
現行EQCにはないCピラーからDピラー下部にかけてキャラクターラインがプロトタイプには存在しているが、ダミーの可能性もあるという。
次期新型 メルセデス・ベンツ EQC プロトタイプ スパイショット
リア
リアコンビネーションランプもダミー。
次期新型 メルセデス・ベンツ EQC プロトタイプ スパイショット
リア

パワートレイン・アーキテクチャ

今回のスクープ情報には、パワートレインに関する情報は含まれていませんでした。

アーキテクチャは、EV専用の次世代プラットフォーム「EVA-II」を採用、大型のバッテリーパックを搭載可能で航続距離を飛躍的に伸ばすことができます。

なぜフルモデルチェンジを急ぐのか?

EUでは自動車の電動化が定められており、メルセデス・ベンツの最大のライバルBMW、アウディ、フォルクスワーゲンなどいった巨大自動車メーカーがこぞって最新のピュアEVモデルの開発をすすめています。しかし、2018年のデビューした、メルセデス・ベンツ EQCのアーキテクチャは、内燃機関(エンジン)をベースとした「EVA-I」 プラットフォームで大きなバッテリーパックを積載できないなどの物理的なスペースがない問題を抱えています。欧州ライバル各社に対抗するためにも、最新版のEVプラットフォームを採用した次期新型の開発が急がれているようです。

発表時期

次期新型メルセデス・ベンツ EQCの発表は2022年内の可能性があるようですが、この場合、メルセデス・ベンツはすでに2020年初頭に北米市場へのEQC導入を計画していましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受けて延期となっており、2021年まで遅らせることを発表しています。もし、仮に次期新型2代目EQCが2022年にデビューするとなれば、初代現行モデルのEQCの米国導入時期の見直しを行わないといけなくなります。場合によって、米国においては初代EQCが発売されず、2代目EQCからの発売となる可能性も見えてきました。

メルセデス・ベンツ EQCとは?

メルセデス・ベンツ EQC 現行モデル
フロントサイド
メルセデス・ベンツ EQC 現行モデル
(画像:メルセデス・ベンツ ジャパン 広報)

メルセデス・ベンツ EQCは2016年開催のパリモーターショーで公開されたコンセプトカー「ジェネレーションEQ」の市販モデル版の位置付けとなり、欧州市場では2018年に発売開始となりました。日本導入は2019年からとなっています。

※メルセデス・ベンツからデビューが予想される新型車、フルモデルチェンジのスクープ情報は、こちらの記事でまとめてご覧いただけます。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!