MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > なんと!メルセデス・ベンツにW型18気筒8.0Lエンジン計画があった!ブガッティが負ける!
メルセデス・ベンツ

更新

なんと!メルセデス・ベンツにW型18気筒8.0Lエンジン計画があった!ブガッティが負ける!

ドイツの高級車メーカー、メルセデス・ベンツがかつて、W型18気筒8.0Lという狂気とも言えるエンジンを開発していたことが明らかとなり、その設計図がMOBY編集部に入ってきました。

市販化されていればブガッティ シロンが負ける

メルセデス・ベンツ W型18気筒8.0Lエンジン「M216」の設計図
ドイツのエージェント経由で入手された、メルセデス・ベンツ W型18気筒8.0Lエンジン「M216」の設計図。

メルセデス・ベンツ「M216」エンジンは、バンク角75.5度の角度で、3基の直列6気筒エンジンを結合させたW型の形状、排気量は8.0Lで設計されていました。この開発は、「W124」型メルセデス・ベンツSクラスが生産されていた1990年代のものとのことです。

「W124」型メルセデス・ベンツ Sクラス
「W124」型メルセデス・ベンツ Sクラス

しかし、市販化にかかるコストと供給のバランスが見込めなかった可能性や、当時開発中だったV型12気筒6.0Lエンジンで大型セダンやスポーツカーが求める条件を満たしていたなどの判断があったらしいといったことから、開発は頓挫してしまったようです。

現在生産販売されているW型エンジン搭載車

ブガッティ シロン
ブガッティ シロン
(画像:ブガッティ広報)

現在、生産販売されているW型エンジン搭載モデルは、ベントレーのSUV「ベンテイガ」と「コンチネンタルGT」に搭載されるW型12気筒6.0L、ブガッティ シロンのW型16気筒8.0Lのみとなります。

もし、メルセデス・ベンツW型18気筒8.0Lが実現していれば、ブガッティ シロンが2気筒負けてしまうことになってしまっていたことでしょう。

※2020年に発売が予想される新型車をカレンダー形式でこちらにまとめています。続けてご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!