MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > Eクラス > 【改良新型メルセデス ベンツ Eクラス】モデルチェンジ3つのポイント
Eクラス

更新

【改良新型メルセデス ベンツ Eクラス】モデルチェンジ3つのポイント

メルセデス・ベンツ(日本)は9月10日にモデルチェンジした改良新型Eクラスの国内発売を発表。

Eクラスは世界累計1,400万台以上を販売するメルセデス・ベンツの中核をなす、アッパーミドルクラスに位置するモデル。すでに欧州では発売が開始されており、国内発売開始を待っている人にはようやくの発表となった。

今回のモデルチェンジの大きなポイント3点

① デザインを大幅刷新

新型Eクラス

メルセデス・ベンツは「シャープでダイナミックな印象に一新」と伝える。

フロントマスクは4タイプ

新型Eクラス 4タイプのフロントフェイス
左上から時計回りに、E450、E200、AMG E53、E220 4MATIC オールテレーン

② 新世代ステアリングホイール

新型Eクラス E450 運転席
E450
新型Eクラス E53 インテリア
AMG E53

新設計のステアリングホイール。メルセデス・ベンツの新世代ステアリングホイールとしてEクラスが先頭を切って採用。

③ 「Hi メルセデス」の対話型インフォテインメントシステム“MBUX”に日本初のARナビを採用

新型Eクラス E53 インテリア
E53 インテリア

ARナビゲーションは、車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面の一部に映し出され、進むべき道路に矢印が表示され、より直感的に進む方向を確認できるとのこと。

最新のインフォテインメントシステム「MBUX」をはじめ、メルセデス・ベンツの最新の運転支援システムも搭載。

価格と発売時期

新型Eクラスはセダンステーションワゴン、クロスオーバーの「オールテレーン」の3タイプからデビューしている。

セダンは769万円から1,867万円、ステーションワゴンは810万円から1,912万円、オールテレーンは1グレード構成で938万円。

エンジンは、セダンに直列4気筒1.5Lと2.0Lのガソリンターボ、直列6気筒3.0Lガソリンターボ、直列4気筒2.0Lディーゼルターボ、最高峰にメルセデスAMG「E63」V8・4.0Lツインターボを搭載。セダンには直列4気筒2.0Lのガソリンとディーゼルに電気モーターを組み合わせたPHEVもラインナップに加わる。なお、オールテレーンは直列4気筒2.0Lディーゼルターボのみの設定となっている。

9月10日から全国のメルセデス・ベンツ正規販売店で予約受注を受け付け、同月より順次納車とのこと。

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!