MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > メルセデス・ベンツ > Cクラス > メルセデス・ベンツ新型Cクラス セダン/ステーションワゴン発売開始!ビッグマイナーチェンジの変更点は?
新型車・モデルチェンジ

更新

メルセデス・ベンツ新型Cクラス セダン/ステーションワゴン発売開始!ビッグマイナーチェンジの変更点は?

新型Cクラス セダン/ステーションワゴンが日本で発売開始

メルセデス・ベンツ Cクラス 2018

メルセデス・ベンツ Cクラス 2018

1993年にデビューしたメルセデス・ベンツ「Cクラス」は、現行モデルで4代目となるベンツ Dセグメントの主力モデルです。

そのCクラスが遂に新型となり、2018年7月25日から日本での発売が開始されました。

今回の新型Cクラスの発表会では、本国ドイツからチーフエンジニアであるクリスティアン・フリュー氏が来日し、自らプレゼンテーションを披露するなど、モデルチェンジの内容が広範囲に渡ることを物語っています。

セダン」「ステーションワゴン」「クーペ」「カブリオレ」というバラエティ豊かなラインナップの「メルセデスベンツ Cクラス」。

以降で「セダン」「ステーションワゴン」のビッグマイナーチェンジの詳細内容を紹介していきます。

「AMG C43 / C63」も同時にマイナーチェンジ!詳細はこちら

メルセデスAMG新型C43/C63発売開始!ビッグマイナーチェンジの変更点は?

マイナーチェンジの主な変更点

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン&ステーションワゴン 2018

今回のベンツ Cクラス マイナーチェンジでの主な変更点はどのようなものとなっているのでしょうか。

変更点の概要をあげてみると、

・外装では、これまでで最大クラスとなるフェイスリフトの実施
・内装では、大型フル液晶メーター採用などで近未来を感じる洗練されたデザインに
パワートレインでは、新開発エンジンやマイルドハイブリッドも搭載
・先進技術・予防安全装備の充実化

となり、変更内容は全コンポーネント(構成部品)で見た場合、約50%にあたる6,500点が刷新されたと言われ、多岐に渡ります。

車のフェイスリフトについてはこちらから

マイナーチェンジとは?フェイスリフトとの意味の違いから注目車種も紹介!

デジタルコックピットについてはこちらから

フルデジタルコックピットは今後の主流に?機能やメリット・デメリットから採用車種まで徹底解説

外装は前後バンパー刷新でよりアグレッシブなデザインに

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018 フロント

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018 リア

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」の外装は、前後バンパーが新型に刷新され、これまでのV字型から「A字型」に変更。
これによって、よりアグレッシブでスポーティな印象へと変貌を遂げています。

ヘッドライトには「LEDハイパフォーマンスヘッドライト」や、上位車種では片側84個のLEDを瞬時に制御可能な「ウルトラハイビーム付きマルチビームLEDヘッドライト」が採用となりました。このシステムは条件によって最長約650mを自動で照射可能となる高機能ハイビームとなっています。

内装はフル液晶メーター採用で未来感溢れるデザインに

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 内装

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 内装

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」の内装の大きな特徴としては、やはり速度計・タコメーターに12.3インチのコックピットディスプレイが採用されたことがあげられるでしょう。

コックピットディスプレイとは丸型のフル液晶メーターで、速度計・タコメーターの他にもアシスタンスシステムの作動状況、ナビ案内などを見やすく表示でき、3通りの表示モードが選択できるなど、近未来を感じさせるデザインとなっています。

さらに、ダッシュボード、センターコンソール、ドアにはLED間接光となる「アンビエントライト」が柔らかな光を放ち、その光の色は気分や状況によって全64色から選択可能となり、心地よい室内空間を演出してくれます。

車載メーターについてはこちらから

タコメーターとは?取り付け方法や回転数の見方からデジタルメーターまで

パワートレインに新開発エンジンとマイルドハイブリッド採用

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」のパワートレインでは、そのグレードによって新開発エンジンが搭載されたり、上位クラスのエンジンが採用されたりと、バラエティに富んだ展開となっています。

ここから各グレードについて紹介していきます。

C180は従来型のエンジンを引き続き採用

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」のグレード「C180」「C180アバンギャルド」のエンジンにおいては、従来型となる「1.6L 直列4気筒直噴ターボエンジン M274型」が搭載されています。

また、トランスミッションはなめらかで瞬時な変速を可能とする「9G TRONIC(9速AT)」が搭載され、これにより最高出力は156PS/5,300rpmを、最大トルクは250N・m/1,200-4,000rpmを達成しています。

C180C180アバンギャルド
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ(M274型)直列4気筒DOHCターボ(M274型)
排気量1.6L1.6L
最高出力115[156]/5,300115[156]/5,300
最大トルク250[25.5]/1,200-4,000250[25.5]/1,200-4,000
トランスミッション電子制御9速AT電子制御9速AT
駆動方式FRFR
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

車のトランスミッションについてはこちらから

トランスミッションの意味と仕組み全種類まとめ!AT・MT・CVT・DCT・AMTとは?

C200アバンギャルドは新開発エンジン+マイルドハイブリッド搭載

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 2018

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」のグレード「C200アバンギャルド」「C200 4MATICアバンギャルド」のパワートレインには、今回のモデルチェンジでの大きなポイントとも言える新開発エンジンとなる「1.5L 直列4気筒直噴エンジン M264型」と、「48Vテクノロジー」「BSG(ベルトドリブン スターター ジェネレーター)」が搭載。

「48Vテクノロジー」「BSG」とは、通常のオルタネーター(発電機)を48Vに強化し、回生ブレーキなどにより運動エネルギーを電力に変え、エンジンの補助モーターとして使用するシステムで、いわゆるマイルドハイブリッドと呼ばれるものです。

これにより、C200アバンギャルドの最高出力は184PS/5,800-6,100rpm、最大トルクは280N・m/3,000-4,000rpmを達成しています。

C200アバンギャルドC200 4MATICアバンギャルド
エンジン種類直列4気筒DOHCターボ+モーター(M264型)直列4気筒DOHCターボ+モーター(M264型)
排気量1.5L1.5L
最高出力135[184]/5,800-6,100135[184]/5,800-6,100
最大トルク280[28.6]/3,000-4,000280[28.6]/3,000-4,000
トランスミッション電子制御9速AT電子制御9速AT
駆動方式FR4WD
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

マイルドハイブリッドについてはこちらから

マイルドハイブリッド(MHEV)方式とは?スズキの登録商標?搭載車一覧も

C220dアバンギャルドはEクラスと同様のエンジン採用

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018

メルセデスベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」のグレード「C200dアバンギャルド」のエンジンはこれまで使用されていた「OM651型」から「OM654型」へと刷新され、「2.0L 直列4気筒BlueTECディーゼルターボエンジン」が搭載。これは上位クラスとなる「Eクラス」にも搭載されているエンジンと同様です。

このディーゼルエンジンは先代から約35kgの軽量化を果たし、高効率の燃焼システムや優れたシリンダーコーティング技術によりフリクションを抑え、低速時から力強いトルクを発揮、高速まで一気に吹き上がるエンジンに仕上げられています。

エンジン種類直列4気筒DOHCターボ(OM654型)
排気量2.0L
最高出力143[194]/3,800
最大トルク400[40.8]/1,600-2,800
トランスミッション電子制御9速AT
駆動方式FR
使用燃料軽油
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

メルセデス・ベンツEクラスについてはこちらから

新型ベンツEクラスクーペが発売開始!燃費や価格やスペックから内装まで最新情報

新型Sクラス同等の運転支援機能「インテリジェントドライブ」を採用

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 2018

メルセデス・ベンツ Cクラス ステーションワゴン 2018

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」の先進技術・予防安全装備としての大きなポイントとなるのが、上位モデルとなる新型Sクラスでも装備される運転支援機能「インテリジェントドライブ」が採用されたことでしょう。

インテリジェントドライブとは、車の「駐車」「運転」「衝突回避」「ドライバーの安全」「歩行者の安全」を高次元でサポートする統合型運転支援システムで、高機能レーダーや最先端センサーシステムを駆使し周囲の状況を把握したり、必要に応じて自動ブレーキやステアリングアシストなどを備えた予防安全装備です。

ベンツ Cクラス 安全装備一覧
・アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付き)
・アクティブステアリングアシスト
・アクティブレーンチェンジングアシスト
・アクティブエマージェンシーストップアシスト
・アクティブブレーキアシスト
・プレセーフ・プレセーフサウンド
・緊急回避補助システム
・渋滞時緊急ブレーキ機能
・アクティブブラインドスポットアシスト
・アクティブレーンキーピングアシスト
・プレセーフプラス
・チャイルドセーフティシートセンサー(助手席)
(*尚、上記はオプション設定となり、グレードによっては装備できないものもあります)

車の先進技術・安全装備についてはこちらから

【先進安全装備・最新安全技術最新情報2018】全世界メーカーの技術・ニュース・市場まとめ

新型Cクラス セダン/ステーションワゴンの燃費

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018

メルセデス・ベンツ新型Cクラス「セダン/ステーションワゴン」の燃費は、残念ながらメーカー発表されていません。

しかし、先代モデルの燃費は「セダン C180」で16.1km/L、「セダン C200アバンギャルド」では14.2km/L、「セダン C220dアバンギャルド」で20.3km/Lとなっています。

新型モデルの「C200アバンギャルド」には新開発のエンジンやマイルドハイブリッド採用で、先代モデルより燃費向上は間違いないと思われ、「C220dアバンギャルド」でもディーゼルエンジンは改良型となっているため、燃費向上も見込めるのではないかと予想します。

新型Cクラス セダン/ステーションワゴンの新車車両価格

新型Cクラス セダンの新車車両価格一覧

新型Cクラス グレード名新車車両価格
C180449万円
C180アバンギャルド489万円
C200アバンギャルド552万円
C200 4MATIC アバンギャルド580万円
C220dアバンギャルド578万円

新型Cクラスのセダン新車車両価格は先代モデルに比べ、モデルによって10万弱から25万弱の価格アップとなっているようです。

新型エンジン採用や、大規模フェイスリフトを考えると妥当な価格だと言えるのではないでしょうか。

新型Cクラス ステーションワゴンの新車車両価格一覧

新型Cクラス グレード名新車車両価格
C180473万円
C180アバンギャルド513万円
C200アバンギャルド576万円
C200 4MATIC アバンギャルド604万円
C220dアバンギャルド602万円

新型Cクラスのステーションワゴン新車車両価格は先代モデルに比べ、モデルによって10万弱から15万弱の価格アップとなっているようです。

こちらもセダン同様、エンジン刷新や大幅なフェイスリフトですから、妥当なラインだと言えるのではないでしょうか。

メルセデス・ベンツ Cクラスの中古車相場は?

メルセデス・ベンツ Cクラスの中古車価格はセダンが約13万から約668万円で推移していて、ステーションワゴンでは約16万から約538万円で推移しています。

人気車だけに販売台数も多く、出回る個体数も多いため、選択肢の幅は広いと言えます。

中古車を購入する際には、あらかじめチェックポイントを整理しておき、自分の条件にマッチするものを適切に選ばれることをおすすめします。
(*情報は2018年7月時点のものとなります。)

新型Cクラス セダン/ステーションワゴン 大幅改良で期待高まる

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン 2018

新型Cクラスは、メルセデス・ベンツのミドルクラスの中核を担うモデルです。

それを証明するように、2018年4月から6月の第2四半期販売台数では「3,759台」と、外国メーカーを対象とした「モデル別新車登録台数」で第3位を獲得しています。(*JAIA「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位の推移」を参照しています)

大幅なフェイスリフトやエンジンの刷新を終え、新たに生まれ変わったCクラスがどのような評価を受けるのか、今後も注視していきたいと思います。

ベンツや他のメーカーの新型車についてはこちら

【メルセデス・ベンツ】新車で買える現行車種一覧&人気ランキング|2018-2019年最新版

メルセデスベンツの新型車・モデルチェンジ全情報【2018-2019年最新版】

国産&外車全メーカー 新型車/新車情報!最新モデルチェンジカレンダー2018〜2019年

メルセデス・ベンツ新型Cクラス クーペ/カブリオレ発売開始!マイナーチェンジの変更点は?

メルセデスベンツ新型Cクラスマイナーチェンジ発売開始!マイルドハイブリッド搭載で価格やスペックは?

セダンやワゴンを検討中の方はこちらの記事も必見

セダン人気おすすめランキング28車種比較【2017-2018最新販売台数】

【2017年版】外車セダンの人気おすすめランキングTOP10|高級車はやっぱりかっこいい

ステーションワゴン人気&おすすめランキング16車種比較【2017年最新販売台数】

こちらの記事もおすすめ

2019年開催 世界のモーターショー・オートショーまとめ|開催情報から出展予想まで

この記事の執筆者
MOBY編集部