MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > G-ベクタリングコントロールプラスとは?進化するマツダの先進車両運動制御!
マツダ

更新

G-ベクタリングコントロールプラスとは?進化するマツダの先進車両運動制御!

マツダ雪上取材会でG-ベクタリングコントロールを徹底体験!

マツダ雪上取材会(2019) 新型Mazda3(次期型アクセラ)
現行型アクセラ(左ハンドルのサウジアラビア仕様の開発車)と新型MAZDA3(左ハンドルの欧州仕様の開発車)

2019年3月初頭、国内発売を控えた新型MAZDA3のプレス向け雪上取材会が北海道にある「マツダ剣淵試験場」にて開催されました。

マツダ3はアクセラの海外仕様の名称。2018年のLAオートショーでフルモデルチェンジした新型が発表され、国内では2019年の東京オートサロンでお披露目されました。

内外装のデザインと、北米仕様のエンジンラインナップ、新開発エンジン「SKYACTIV-X」を採用ということが発表されていましたが、今回の雪上取材会で、搭載されるその他の最新技術の詳細が明らかに。
新型の車名については、マツダ広報担当いわく検討中とのことでしたが、MOBYでは「MAZDA3」になるのではと予想しています。

マツダ雪上取材会のプログラムで「G-ベクタリングコントロール」と「G-ベクタリングコントロールプラス」の違いについて座学とテストドライブで徹底比較してきました。この記事では、「G-ベクタリングコントロールプラス」とは何か、解説とともに徹底比較のレポートをお届けします。

Gベクタリングコントロール プラスとは?

マツダ Gベクタリングコントロール(GVC)
Gベクタリングコントロール(GVC)イメージ図

最初に誕生した「G-Vectoring Control(略称GVC、G-ベクタリングコントロール)」は、コーナーの進入時などにステアリングの舵角を検知し、エンジントルクを弱め、意図的な荷重移動を発生させることによって安定したコーナリングを実現する機能でした。

2018年10月に登場した「G-Vectoring Control Plus(略称GVCプラス、G-ベクタリングコントロールプラス)」では、ステアリング操作を検知し意図的にトルクを高めてリアに荷重を移すことができるようになりました。これによりコーナー脱出時にも車両の安定性を高めることができます。

また、ブレーキによる車両姿勢安定化制御も追加。危険回避能力や高速走行時の車線変更や滑りやすい路面においても扱いやすい動きを実現します。

MAZDA3に採用されるGVCプラス

マツダ GVC i-ACTIV AWD
マツダ GVCプラスの資料

新世代のGVCプラスを含むマツダの車両制御技術「SKYACTIV Vehicle Dynamics」は、これまでとは異なる手法を用いた制御となりました。
「ステアリング」「エンジン」「カップリング」「ブレーキ」など別々に分かれていた車両運動制御を一つにまとめることによって、新世代のGVCプラスはより調和の取れた制御へと進化しました。

G-ベクタリングコントロールプラスを徹底比較体験!

マツダ雪上取材会(2019)新型MAZDA3 北米仕様の開発車をテストドライブ

試乗した新型MAZDA3はFFで、北米仕様の2.5L SKYACTIV-G の開発車。走行中でもG-Vectoring Control Plus(略称GVCプラス、G-ベクタリングコントロールプラス)と旧バージョン(G-Vectoring Control / Plusではない)の切り替えを、助手席に乗る技術員がPC操作をして行える仕様となっていました。

マツダ雪上取材会(2019)新型MAZDA3 北米仕様の開発車をテストドライブ
マツダ雪上取材会(2019)新型MAZDA3 北米仕様の開発車をテストドライブ
マツダ雪上取材会(2019)新型MAZDA3 北米仕様の開発車をテストドライブ

旧バージョンのG-ベクタリングコントロール(GVC)でも十分、雪道の高速コーナリングでも安定していました。しかし、GVCプラスに切り替えると、さらに安定性がアップ。コーナリング途中でリアが滑る発生割合が少なく、滑ってしまっても少しのハンドル操作で体制を立て直すことができます。

雪上取材会はクローズドコースでしたので、わざとオーバースピードにコーナーに侵入し、車の挙動の変化を確認、GVCプラスの方が雪道のコーナリング中にお尻が「プリッ」と滑る現象回数が少なかったことが印象的でした。

SUVを中心のGVCプラス搭載車種

CX-5

新型「マツダ CX-5」ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダを代表するSUVモデルであるCX-5。2018年11月のマイナーチェンジでGVCプラスを搭載しました。

CX-8

CX-8 XD L Package

「多人数乗用車」の新たな選択肢として高い評価を受けている3列シートSUVのCX-8。CX-5と同様に2018年11月のマイナーチェンジでGVCプラスを採用しました。

GVCプラス搭載の新型車情報

CX-30

マツダ CX-30 欧州仕様車 2019年

2019年3月5日、ジュネーブモーターショーにて世界初公開されたCX-30(シーエックス サーティ)。進化した「i-ACTIV AWD」とGVCプラスの組み合わせで登場する予定です。
発売に関して具体的なアナウンスはなされていませんが、2019年10月の東京モーターショーで国内モデルが発表、発売日は年内になると予想します。

マツダ3

マツダ3
新車価格:251.5〜320.9万円

2019年2月に欧州モデルが発表された新型MAZDA3。上の画像は東京オートサロン2019で出展された北米仕様車。MAZDA3はアクセラの後継モデルになるという予想が有力です。

新型MAZDA3にはGVCプラスが採用されているほか、制御に進化を加えた最新のi-ACTIV AWDも搭載。より高い走行性能を誇ります。

新型MAZDA3の国内発売発表は、早くて4月、遅れると6月と編集部は予想しています。なお、この発表ではFFモデルのみ、i-ACTIVE AWDを搭載したモデルは遅れて登場となるようです。新型MAZDA3について詳しくは次の記事をご覧ください。

新型Mazda3(マツダ3)国内発売開始!ファストバックは218万円、セダンは247万円から

マツダ雪上取材会(2019) 新型Mazda3(次期型アクセラ)
次期アクセラとされる新型MAZDA3北米仕様の開発車

MAZDA3の公式HPはこちら

文:上田 貴大(MOBY)
取材・撮影:宇野 智(MOBY)

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード