MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > RX-7 > FD3S型RX-7の維持費や現在の中古車価格は?Re雨宮のカスタムについても!
RX-7

更新

FD3S型RX-7の維持費や現在の中古車価格は?Re雨宮のカスタムについても!

FD3S型RX-7について

マツダ RX-7 3代目 前

FD3S型RX-7は1978年にデビューした初代RX-7(サバンナRX-7)の3代目に当たるマツダのスポーツカーで、現在は生産を終了しています。

FD3Sは1991年から2002年まで生産され、今でもスポーツ走行を楽しむには最適な一台です。

生産が終了するまでに複数回のマイナーチェンジが行われ、1型から6型まで分類することができます。

RX-7の歴史についてはこちら

RX-7 歴史と待望の復活へ!現在の中古車価格は?【日本の名車】

FD3S型RX-7の特徴は?

ロータリーエンジン搭載の名車

マツダ RX-7 3代目 内部

最大の特徴は「ロータリーエンジン搭載車種」という点です。

一般的なエンジンはレシプロエンジンと呼ばれピストンの往復運動で動力を発生するのに対し、ロータリーエンジンでは三角形のおむすび型をしたローターと呼ばれる部品の回転運動によって動力が生み出されます。

またコンパクなロータリーエンジンの特徴を活かして、エンジンが車両の中心部に搭載されていたこと、さらに車両重量も現代の車に比較して軽量であったことも手伝い、ハンドリングに優れたまさにリアルスポーツカーの特性を備えていたことも見逃せません。

ロータリーエンジンのメリットや長所は?

・コンパクト
・軽量
・振動が小さい
・高回転までモーターのようにスムーズに回る
・運転していて気持ちいい

ロータリーエンジンのデメリットや短所は?

・低回転域でのトルクが小さい
・発熱しやすい
・エンジン回転が下がるとき、レシプロエンジンと比べて回転の落ちが遅い
・燃費が悪い

【裏情報】復活したロータリーエンジンとは?メリット・燃費・仕組み・音・マツダの問題など

FD3S型RX-7の維持費は?

マツダ RX-7 3代目

FD3Sの最大の特徴であるロータリーエンジンは、維持費に関してはネックです。一般的なレシプロエンジンと比較した場合、以下の点を考慮する必要があります。

・オイル交換やプラグ交換の頻度がレシプロエンジンより多い
・エンジンの構造上、エンジン内の部品の摩耗が早く燃費が悪い(乗り方にもよりますが、およそ4km/lから7km/lと考えてください。飛ばせば3km/l台まで落ちます)

一年間の維持費は?

【部品やガソリン】
エンジンオイル交換×3回=15,000円
・エレメント交換×1回=2,000円
・プラグ交換×2回=20,000円
・ガソリン代(ハイオク使用で年間1万km走行)=260,000円

【税金や保険】
自動車税=45,400円
・自動車任意保険=50,000円ほど(ドライバーによる)
・車検費用×1/2=60,000円
・その他消耗品(油脂類など)=50,000円ほど

ブレーキパッドとタイヤについて

ブレーキパッド
Tokino CC 表示 – 継承 3.0 / CC BY-SA 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

ブレーキパッドとタイヤは交換品の銘柄や性能、および乗り方、走行距離によって金額は大きく変わります。

サーキット走行などでは、極端な場合は1日でパッドは摩耗します。タイヤもサーキット走行用にSタイヤを用意した場合は、別途費用を覚悟が必要です。

【例】
ブレーキパッド:25,000円(1台分)
タイヤ1本:20,000円から30,000円

FD3S型RX-7の中古車相場は?

project- ep82 CC0 / CC0 1.0
出典 : https://www.flickr.com/

FD3S型RX-7の中古車価格は、全体として非常に大きな開きがあります。(以下の中古車最新価格を参照)

FD3S型RX-7の中古車価格はおよそ100万〜200万円ほどです。FD3Sの初期型はすでに旧車と言える程古くなってきていることと、かなり改造されている車両が多いようです。

中古車を探す際によくわからないという人は、詳しい人に同行してもらうのをおすすめします。

{"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86."}

Re雨宮のカスタムについて

https://www.instagram.com/p/BqJrXQYhJdj/?utm_source=ig_embed&utm_medium=loading

RE雨宮自動車(アールイーあめみやじどうしゃ)は、千葉県富里市にあるロータリーエンジンを得意とする日本のチューニングショップで、まさにロータリーのチューニングにおいては神様的存在です。

主にマツダ車向けに部品の製造、販売を行っていて、SUPER GT(旧全日本GT選手権)GT300クラスやD1グランプリにも参戦するなどモータースポーツでの実績も多く、RE雨宮自動車を母体とするRE雨宮レーシングも有名です。

FD3Sのカスタムやチューニングを検討している人は、ぜひRE雨宮レーシングに相談してみることをおすすめします。

RE雨宮とは?シャンテやRX-7やRX−8などRE雨宮が作った車を総まとめ!

SUPER GTとは?

SUPER GTとは、自動車レースのひとつのカテゴリーです。2004年まで全日本GT選手権(JGTC)として開催されていましたが、2005年からFIA公認の国際シリーズとなりました。

ロードレースやラリーやGPとは?モータースポーツの種類と違いを徹底解説!

ロータリーの名車FD3S型RX-7

マツダのロータリーエンジン復活の噂も

FD3Sはロータリーエンジンを搭載した非常にユニークで希少なスポーツカーです。ロータリーエンジンを楽しめる数少ない選択肢の一つといえます。

また、新型RX-7のデビューも話題に上がっています。以下の記事で新型RX-7について詳しく解説しているので興味のある人はぜひ見てみてください。

復活の新型RX-7最新情報!発売日は2017年でロータリーエンジン復活へ!

スポーツカーの名車についてはこちら

マツダ サバンナ(RX-3) の歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

マツダ コスモスポーツの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

トヨタ2000GTの歴史と現在の中古車価格は?【日本の名車】

スカイラインGT-Rと日産GTRの歴史!ハコスカ・ケンメリの特徴も振り返る

すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!