MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > 今後のマツダ展開まとめ!新型SUV登場やロータリー復活、電動化ロードスターなど
マツダ

更新

今後のマツダ展開まとめ!新型SUV登場やロータリー復活、電動化ロードスターなど

2022年以降はマツダが新型車を続々投入

マツダが2021年10月7日に発表した2022年以降の商品群の計画で、新たに5車種が登場となることが分かっています。

この発表の中では既存の車種についての情報もあるため、今後のマツダのラインナップがどうなっていくのかまとめてみましょう。

大きくラージ商品群とスモール商品群に分かれる

マツダはFRレイアウトの「ラージ商品群」とFFレイアウトの「スモール商品群」という2つの分類を発表していて、発表された5車種がどちらの分類となるのかも明示されました。

発表された5車種のうち、「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」はラージ商品群、「CX-50」はスモール商品群のモデルとなり、既に日本で登場しているマツダの次世代商品群モデル「MAZDA3」「CX-30」「MX-30」もCX-50と同じくスモール商品群となります。

まずはラージ商品群とスモール商品群をまとめてみましょう。

商品群モデル名
スモール商品群MAZDA3
スモール商品群CX-30
スモール商品群MX-30
スモール商品群CX-50(国外専売)
ラージ商品群CX-60
ラージ商品群CX-70(国外専売)
ラージ商品群CX-80
ラージ商品群CX-90(国外専売)

その他の現行車種はどうなる?

MAZDA2やMAZDA6、CX-3、CX-5、CX-8、そしてロードスターは、現在のところはこの次世代商品群に属していません。

MAZDA6も次期モデル登場が発表されていて、ラージアーキテクチャの採用によりFRレイアウトになるためラージ商品群のモデルとして登場するものと思われます。

ロードスターについては過去の発表で2030年までに電動化して登場することが分かっています。後輪駆動ではあるものの、他のモデルとは大きく性格が異なるモデルであることから、ロードスターは商品群の枠組みから外れて専用のプラットフォームを持つかもしれません。

CX-5はマツダの「特別扱い」を受ける?

今冬にビッグマイナーチェンジが控えているCX-5は、CX-50の登場によりモデル消滅とはならず、今後もマツダのラインナップとして継続していくことが今回発表されました。現在好評のパッケージングを維持するため、今後もFFレイアウトで生産されるものと思われますが、すなわちスモール商品群に属する、とは確定できません。

マツダの大ヒット商品であることから、CX-5の開発・生産についてはコストをかけても十分に回収できるものと考えられ、ロードスター同様、マツダにとって特別な車として専用プラットフォームが与えられる可能性があります。

MAZDA2とCX-3、CX-8はモデル終了になってしまう?

一方、マツダのコンパクトクラスを担うMAZDA2とCX-3についてはいまだに大きな情報がありません。

今回の発表や過去の発表から、次期モデルが登場、または生産を継続することが確定しているモデルが多い中、この2台については公式での言及がなく、モデル終了という噂もあります。

先日、マツダのエンブレムを装着しているとみられるトヨタ ヤリスが目撃されましたが、ヨーロッパではそれが次期MAZDA2として販売されるのではないかとも予想されています。

MAZDA2がヤリスのOEMとなるのなら、CX-3もヤリス クロスのOEMとなる可能性もあるため、マツダはコンパクトクラスの生産を打ち切ってしまうのかもしれません。

また、CX-8はCX-5とCX-9(日本未導入車)を組み合わせて作られたモデルですが、CX-9はCX-90が後継モデルになることが米国マツダより発表されているため、CX-8もCX-80に代わるものと思われます。そうなると、CX-8は現行モデルが最後となりそうです。

日本での現行車種と次世代商品群の車種まとめ

商品分類モデル名
トヨタからOEM供給?MAZDA2
トヨタからOEM供給?CX-3
スモール商品群MAZDA3
スモール商品群CX-30
スモール商品群MX-30
専用プラットフォーム?CX-5
専用プラットフォーム?ロードスター
ラージ商品群MAZDA6
ラージ商品群CX-60
ラージ商品群CX-80
モデル終了?CX-8

前述の表に、これまでの情報や予想を加えたものが以上の表です。

新型車がどのようなモデルなのか、既存のモデルがどのように変わるのかなど、大きな注目を集めているマツダ。今回発表された商品計画はSNSで話題を集め、CX-60はTwitterトレンド入りも果たしました。

後輪駆動ベースに生まれ変わる次期MAZDA6や、ロータリーエンジン搭載のPHEV発売が明らかとなったMX-30など、2022年はマツダにとって重要な年となりそうです。

【続報】CX-60、CX-80のパワートレイン発表

その他の最新情報

RX-VISIONの市販モデル登場なるか。マツダ初のスーパースポーツ「RX-9」

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード