MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > プレマシー > 【ミニバン徹底比較】プレマシーvsアイシス!ライバル車対決
プレマシー

更新

【ミニバン徹底比較】プレマシーvsアイシス!ライバル車対決

「プレマシー」と「アイシス」の徹底比較!

インテリア 内装対決

マツダ プレマシー 3代目 内装

幅の大きいサイズのシートが特徴の「プレマシー」。インパネ全体の立て付けはカッチリしていて、ドアトリム上部が布張りで汚れや雨のシミが気になりにくく、アクセルを踏み込む際にもペダルリンケージが邪魔にならないのも嬉しいポイントです。

トヨタ アイシス 内装

「アイシス」のインテリアの特徴は「普通であること」。これはトヨタのミニバンの販売台数が多過ぎて、普通の基準になっているという、「実は凄い事」なのです。

内装の全体的なデザインは特に普通さを重視していると思われます。各種スイッチも欲しい位置にデザインされ、年数が経っても古さや安っぽさを感じさせません。

マツダ プレマシー カラクリ7thシート

多人数が乗れるという部分では「プレマシー」も「アイシス」どちらも広く使いやすいでしょう。「プレマシー」は使い方次第では「カラクリ7thシート」で助手席側のセカンドシートから7番目のシートが現れ、急な人数増加に対応可能です。

「アイシス」では、最初から多人数乗車が想定されているので、ベビーカーや車いすも楽々対応可能な為、用途の幅が広がります。

乗り心地や快適性で比較

マツダ プレマシー 2010年

サスペンションがスムーズに動く上にボディ剛性感が高く、まるでワンランク上のクルマに乗っているような気持ちにさせてくれる「プレマシー」。

このサスペンションにより、どんな走行をしていても乗り心地をキープ。ギシギシする音も聞こえなければ、段差があっても減速する必要はありません。

プレマシーの乗り心地に関しては、ライバル比較でトップの性能といっても過言ではないでしょう。

トヨタ アイシス 2012年型

乗り心地で「プレマシー」をべた褒めしすぎてしまいましたが、反して静寂性は抜群の「アイシス」。静粛性に関して、特にアイドリング時はクラスでトップレベルと言っていい静粛性の高さを持っています。

低速での加速時など低回転を多用しエンジンの音も静かで、巡航時はCVTのワイドレンジを活かして時速100キロでも最小限のエンジン音である為、家族や友人との会話が弾むことうけあいです。

燃費、走行性能で比較

マツダ プレマシー 20S 3代目 2012年型
マツダ プレマシー 20S 2012年型
新車価格:200.8〜241.9万円

10.4km/L~16.2km/Lが公式の情報ですが、その才能をフルに使うと実質の燃費は8km/L程度となり、燃費性能に関しては少し頑張ってほしい「プレマシー」。

口コミサイトでも「燃費以外は最高です!」という書き出しが目立ちます。口コミサイトの代表的な情報をまとめると、街乗りでの燃費では信号の多い街乗りで6〜7km、遠出をして幹線道路やバイパスが中心だと実燃費10~12km強ぐらいとの意見がありました。

その代り走行性能は他のミニバンと比べても一段階上。ブレーキペダルの剛性はちょっとしたスポーティカーレベルでロードスターとも遜色ないほど扱いやすいです。

ブレーキをリリースする際も思い通りにピタッと止まり操作できるので、楽しく快適に走行できるのが特徴です。

トヨタ アイシス 2013年

排出ガスはクリーンで、燃費も優れている「アイシス」。悪路をわざと走行したり無理な運転をしなければ、13.6km/L~15.2km/Lと平均点以上の燃費効率です。主力の2WDモデルの多くはグリーン減税の対象となっている点もポイントです。

「プレマシー」と「アイシス」どちらが良いのか?

プレマシーの販売価格は2,008,800~2,419,200円。

アイシスの販売価格は1,974,857~2,489,143円。

走って感じる高級感や乗り心地の良さを重視するなら、マツダのプレマシーの方が断然上です。利便性に+αでデザイン性と走行性能を重視するなら「プレマシー」がおすすめと言えるでしょう。

プレマシー4WD 20S 3代目

やはりBピラーレス&スライドドアが魅力の「アイシス」は、利便性に+αで静粛性と燃費性能を重視したい人におすすめです。値段設定も全体に割安で、なかでも1.8リッターモデルはリーズナブルな価格設定と言えるでしょう。

トヨタ アイシス 2016年 パノラマオープンドア
Papakuro CC 表示 3.0 / CC BY 3.0
出典 : https://ja.wikipedia.org/

マツダ「プレマシー」にも、トヨタ「アイシス」にもそれぞれ良い部分がありました。

ミニバンが小回りが利いて利便性の高い車というのは周知の事実ですが、更に深い部分でユーザーが求めているのは一体どこなのかを自問自答しながら、最高の愛車に出逢えたらそれが最高でしょう。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (13枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事