MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > 凧あげ2.0?マツダがリアウインドウにドローン発着ポートを設置。運転支援に活用か
マツダ

更新

凧あげ2.0?マツダがリアウインドウにドローン発着ポートを設置。運転支援に活用か

マツダが車載用ドローンに関する発明をしていた

車両の周辺監視システムに関する発明の図面
出典:j-platpat.inpit.go.jp

マツダが「車載用飛行体の発着台装置」をはじめとしたドローンを活用する発明に関する特許出願を2020年5月19日におこなっていたことが、2021年11月25日にわかりました。

駐車監視や走行支援に活用

車両の周辺監視システムに関する発明の図面
出典:j-platpat.inpit.go.jp

今回公開されたマツダの車載用ドローンに関連する特許は全部で9件。リアウインドウにドローンの発着ポートを設けて、運転支援や駐車監視などでドローンが撮影した画像を活用するといった発明が公開されています。

通常の車に搭載されたカメラでは、周囲の壁や障害物などで死角が生まれると指摘。高い位置からドローンで撮影をすることで死角を少なくできるとしています。

たとえば、車両の周辺監視システムに関する発明では、「乗員が運転を開始するために駐車中の車両に接近してきた時に、強盗犯等の不審者に乗員が襲われる可能性がある。」として、ドライバー等が駐車中の車に近づいたときに周囲の安全確認をおこなうシステムでドローンを活用。不審者以外にも、死角にいる背の小さい子どもや動物などの確認にも役立ちます。

このほかにも、広い駐車場などで空いている駐車スペースをドローンが探索し、その地点までの誘導を安全におこなうといった車両先導システムも公開されました。

このドローンを活用した発明は、上から見下ろすように周囲を確認できる360°ビュー・モニターの進化系とも言えるかもしれません。

バックドア開けても水平を保つギミック

車載用飛行体の発着台装置に関する発明の図面
出典:j-platpat.inpit.go.jp

また、ドローンの発着ポートがリアドアのウインドウに設置される場合、リアドアの開閉に伴って発着ポートの水平が保てなくなる問題があります。

そのため、マツダはこうしたリアドアなどの開閉状態にかかわらずドローンが発着できるよう、発着ポートが水平を保つ機構を発明。

リアドアを開けて荷物の出し入れする様子や、開口部に腰掛けているところを上空から撮影したいというユーザーのニーズにも応えられるようにしたようです。

ロータリーエンジンを再び新車に搭載!マツダの象徴がいよいよ復活へ

マツダ初のスーパースポーツに?「RX-9」に関する情報まとめ

注目の次世代SUV!マツダ CX-60の予想CGは魂動デザインの集大成か

その他の最新情報

すごすぎる!あの名優がトヨタ博物館に超希少車を寄贈

これができる人は運転上級者?渋滞吸収車がSNSで話題に

注目の定番ミニバン「ノア&ヴォクシー」のモデルチェンジ情報。価格も判明

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード