MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > 次期マツダ6とMX-30 R-EVか?広島でセダンとSUVのテストカーを目撃
マツダ

更新

次期マツダ6とMX-30 R-EVか?広島でセダンとSUVのテストカーを目撃

マツダ本社方面へ向かう2台のテストカー

画像提供:jinemoti様

Instagramに、カモフラージュが施された2台のテストカーを運ぶ車両運搬車の写真が投稿されました。

この写真が撮影されたのは広島県の山陽道上り・宮島SA付近で、上段の車はマツダ MX-30とみられるため、マツダのテストカーの車両運搬車であると予想できます。

上段のテストカーはロータリーエンジン搭載のMX-30

画像提供:jinemoti様

車両運搬車に載せられた車はカモフラージュが施されていて、はっきりとその姿を確認することはできないものの、上段の車はマツダ MX-30のテールランプの形状やリフレクター位置、ナンバープレート取り付け位置と思われる切り欠きがよく似ているため、MX-30の新型車であると思われます。

画像提供(左):jinemoti様

先日もMOBYでお伝えしたとおり、MX-30はロータリーエンジンを発電機として搭載したハイブリッドモデルが登場することが分かっていて、このテストカーがそのロータリーエンジン搭載のMX-30である可能性は高いです。

下段のテストカーは次期マツダ6か

画像提供:jinemoti様

この車両運搬車がマツダのテストカーを運搬している場合、下段のテストカーは現在のマツダのラインナップにある車とは合致しないように見えます。

CX-30に似ていますが、上段のMX-30と思われる車と比べると最低地上高が低く、またボディ幅も若干広いようで形状はセダンやワゴン、またはクーペのようです。この条件で該当するモデルはマツダ6しかないため、このテストカーはマツダ6であると言えるのではないでしょうか。

画像提供:jinemoti様

現行マツダ6と見比べると、大きく異なっているようです。

ナンバープレートの取り付け位置は現行モデルより下になり、リフレクターの位置もCX-30やMX-30のように上側へ移動しています。

画像提供(左):jinemoti様
出典(右):出典:autohome.com.cn

また、テールランプの形状は現行のCX-30に似ていますが、先日リーク画像より明らかとなったビッグマイナーチェンジ後のCX-5に近いデザインのようにも見えます。いずれにしてもマツダの新世代デザインにあわせた見た目となるようです。

次期マツダ6とMX-30 R-EVが同時に登場?

次期マツダ6の予想CG
出典:carbuzz.com

次期マツダ6は2022年に発表予定とされていて、ロータリーエンジンを搭載したMX-30の発表もそう遠くないと予想されています。

今回同時に2台が目撃されていることから、マツダは直列6気筒エンジンを搭載して後輪駆動に生まれ変わった新型マツダ6と、RX-8以来のロータリーエンジンを搭載した新型車MX-30 R-EVを同時に発表するという可能性を考えることができます。

大きな話題を集めそうな2台が同時に発表されるとなれば、大きな反響を呼ぶのではないでしょうか。

開発が終盤に差し掛かっているというRX-VISIONの市販モデル、マツダ初のスーパースポーツ RX-9とあわせて、楽しみにしているファンは多いことでしょう。

その他の最新情報

マツダがスポーツカーの特許申請!ついにロータリースポーツ復活か?

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード