MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > MX-30 > マツダ MX-30 EVのテストカー発見!「ロータリーエンジン」搭載PHEVか?
MX-30

更新

マツダ MX-30 EVのテストカー発見!「ロータリーエンジン」搭載PHEVか?

カモフラージュされたMX-30 EVのスパイショット

画像提供:ひらひら様/Twitter

マツダ MX-30のテストカーが山陽道で撮影されました。

カモフラージュが施されたこの車両は、現行モデルと大きな違いはないように見えますが、何をテストしているのでしょうか。

ロータリーエンジンのPHEV「R-EV」が2022年デビュー予定

画像提供:ひらひら様/Twitter

今回目撃されたテストカーは2台で、どちらも右側に充電リッドがあることからMX-30のEVモデルであることが分かります。

MX-30は2022年秋にロータリーエンジンを搭載したPHEVモデルの発売が北米でアナウンスされました。

このテストカーは、そのPHEVモデルなのかもしれません。

フロントバンパー下部にダクトを追加?

画像提供:ひらひら様/Twitter

フロントを横から撮影した写真でも外観に大きな変化はないように見えますが、現行モデルにも設けられているフロントのタイヤハウスへ通じるダクトのすぐ横に、別のダクトと見られる穴が追加されているようです。

画像提供:ひらひら様/Twitter

バンパー下部のダクトは整流などの目的で設置されているものですが、追加されたダクトは冷却を目的にしたものかもしれません。

EVモデルに「なにか」を追加で搭載したことで、冷却用のダクトも追加する必要があったとすると、搭載した「なにか」で考えられるのはロータリーエンジン。

ロータリーエンジンを搭載したPHEVが登場することはすでに確定しているため、2022年のデビューに向けて着々と開発を進めていることは間違いないでしょう。

マツダのラインナップにロータリーエンジンを搭載した車が復活するのは、2022年で10年ぶり。

「MX-30 R-EV」の登場はマツダにとって特別なイベントになりそうです。

これまでのマツダ車スクープ情報人気記事

ロータリーエンジン搭載PHEV登場について詳しくはこちら

登場が待ち遠しい!日本でもデビューするCX-60の見た目は?

日本では出ないけど新世代SUVのCX-50の見た目はほぼ確定

MX-30 R-EVと次期マツダ6?テストカー目撃情報

マツダ施設内で見つかったヤリスのテストカーは次期MAZDA2?

その他の最新情報

すごすぎる!あの名優がトヨタ博物館に超希少車を寄贈

これができる人は運転上級者?渋滞吸収車がSNSで話題に

RX-VISIONの市販モデル登場なるか。マツダ初のスーパースポーツ「RX-9」

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (4枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード