MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ6 > マツダ MAZDA6に関する最新リーク情報すべて
マツダ6

更新

マツダ MAZDA6に関する最新リーク情報すべて

マツダのフラッグシップセダン「MAZDA6(マツダ6)」の次期新型モデルに関して、現時点で入手している情報をお伝えします。

次期MAZDA6は「世界一美しい」デザインに?

出典:carbuzz.com

こちらが海外メディアcarbuzz.comが公開した次期MAZDA6の予想CG。

次期MAZDA6は、ロングノーズ&ショートデッキの流麗なクーペスタイルが特徴的な「マツダ ビジョン クーペ」に基づいたデザインになると予想されています。

マツダ VISION COUPE(ビジョンクーペ)
マツダ VISION COUPE(ビジョンクーペ)

VISION COUPE(ビジョンクーペ)は2017年の東京モーターショーで公開されたコンセプトカー。

マツダの魂動デザインをさらに深化させ、次世代のデザインが用いられました。美しい4ドアクーペのスタイリングが評価され、2018年に「最も美しいコンセプトカー」を受賞しました。

直6・SKYACTIV-X搭載のハイブリッド車に?

2020年11月に発表された現在開発中の「縦置き6気筒/縦置き4気筒とプラグインハイブリッド

次期新型MAZDA6のエンジンは、2020年11月に発表された縦置の直列6気筒になると予想されます。

このエンジンはマイルドハイブリッドが組み合わされ、最高出力350馬力を発揮すると言われているほか、レクサスの「IS」&「RC」と共有するという噂もあります。

電動化は確定的

出典:マツダ

マツダが2021年6月17日に開催した中期技術・商品方針説明会にて、グローバルでの商品展開において、2030年までに13モデルを電動化、25%をEVにすると発表しています。

MAZDA6は同社のフラッグシップだけあり、プラグインハイブリッドの設定はほぼ確実。

ただし、ロータリーエンジンによる発電機構「レンジエクステンダーEV」の搭載は小型モデルのみと発表されているので、次期型MAZDA6にロータリーエンジンが積まれることはないと言っていいでしょう。

マツダコネクトに異変?2022年から新世代マツダコネクトへ移行とのうわさが

将来的にはピュアEV化にも期待

SKYACTIV EV専用スケーラブルアーキテクチャー
出典:マツダ

次期型がピュアEVになることは考えにくいですが、様々なクラスやボディタイプに対応するEV専用プラットフォームも開発されていることから、将来的には完全電動化する可能性も考えられます。

駆動方式は後輪駆動を採用か

通称「ラージアーキテクチャ」はどれもFRまたは4WDを採用していると思われる
出典:マツダ

現行のMAZDA6は駆動方式にFFと4WDを採用していますが、次期型ではFRベースの駆動方式になると予想されています。

その根拠となるのが、マツダが2019年に発表した次世代の後輪駆動プラットフォーム「ラージアーキテクチャ」の存在です。

2021年6月にはラージアーキテクチャの詳細が発表され、プラットフォームの画像と搭載エンジンの情報が公開されました。画像ではFRまたは4WDレイアウトを採用していると見られるため、次期型MAZDA6も同様になることが考えられます。

発売は2022年内か

現行MAZDA6 100周年特別仕様車(2020年)

次期MAZDA6の具体的な発売時期は不明ですが、現行は2012年のデビューからもうすぐ9年が経過しようとしています。

そのため、フルモデルチェンジは近いと見られ、2022年内のデビューが期待されます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

マツダの新型車情報はこちらから

その他の最新情報

よりプレミアムに?次期MAZDA2が2022年登場か

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

カモフラージュが施された謎のソリオが目撃!ストロングハイブリッド復活か

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード