MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ6 > 新型マツダ6はレクサスと共同開発?350馬力・直列6気筒SKYACTIV-Xエンジン搭載か
マツダ6

更新

新型マツダ6はレクサスと共同開発?350馬力・直列6気筒SKYACTIV-Xエンジン搭載か

新型マツダ6とレクサスIS・RCが共通エンジン搭載?

マツダ vision coupe

海外メディアによると、次期新型マツダ6(旧名称:アテンザ)は直列6気筒 SKYACTIV-X エンジンを搭載するだけでなく、レクサスISおよびRCとエンジンを共有する可能性があるといったリーク情報が公開されました。

今回はそんな次期新型マツダ6について、現時点で判明している内容についてお伝えします。

搭載される6気筒SKYACTIV-Xエンジンとは?

ラージアーキテクチャ

6気筒SKYACTIV-Xエンジンの存在が確定的となったのは、マツダが2020年11月に行った発表でした。

海外メディアによると、次期新型マツダ6は新しい後輪駆動プラットフォームである「ラージアーキテクチャ」による縦置き直列6気筒エンジンを最初に搭載するとされています。

この縦置き直列6気筒エンジンは新型CX-5(CX-50が後継になるとも)をはじめ、トヨタのレクサスISおよびRCにも搭載されるのではないかと予想されています。

2020年11月に発表された現在開発中の「縦置き6気筒/縦置き4気筒とプラグインハイブリッド

さらにこのエンジンは、現状の4気筒エンジンであるSKYACTIV-Xを単に6気筒とするだけでなく、マイルドハイブリッドシステムが組み合わされ、最高出力が350馬力にまで向上すると考えられます。最終的にはPHEV化されたマツダ6が登場するとされています。

マツダとトヨタの関係

トヨタとマツダは資本提携を行っている

2017年8月にトヨタ自動車とマツダは資本提携による協力体制を発表しています。それによって実現される施策は以下の4つが挙げられています。

  • アメリカ国内における生産拠点の設立
  • 電気自動車の共同開発
  • コネクテッド・先進安全技術を含む最新技術の協業
  • 商品補助の拡充

この中にある「商品補助の拡充」が、今回海外メディアから報道されたエンジンの共有化に該当するとされています。

商品補助の拡充は既に実現されている

SUBARU BRZはトヨタと共同開発

既にご存知の通り、2005年にトヨタ自動車とSUBARUが業務提携した事によって、 FRスポーツカー「TOYOTA 86」と「SUBARU BRZ」の共同開発が実現しています。

中国の特許庁へ申請された特許画像

また、それ以外にもトヨタとスバルは新型のEVコンパクトSUVを共同開発していると見られており、中国の特許庁にも画像のような車両が登録されています。

また、それ以外にも両社の名前が含まれる非公開特許が数多く存在することから、なんらかの取り組みをしていることは間違いありません。

まとめ

トヨタが発表した次世代EVシリーズのコンセプトイメージ

自動車業界のEV化が進む中で、新規ガソリンエンジン開発は多くのコストと人的リソースが発生するので、トヨタ自動車が避けたいと考えるのは容易に想像できます。

他社と共同開発する事で、コストを抑えつつ余った開発リソースをEVに費やすのはさすがトヨタと言えるでしょう。自動車メーカーの協業によって、より魅力的な車が発売されるのは消費者にとっても嬉しいはず。今後のマツダとトヨタの動きに注目です。

【マツダのディーゼル車一覧】燃費や価格まとめ

その他最新情報はこちらから!

日産フェアレディZの最新情報

トヨタ新型ランドクルーザーも発売間近

トヨタのジムニー対策か?

これは欲しい!ジムニーのプロ仕様版!?

執筆者プロフィール
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード