MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > CX-60 > ディーゼルエンジンが話題になったCX-60…3.3L直6ターボの“ガソリンエンジン”も登場、豪州マツダ
CX-60

更新

ディーゼルエンジンが話題になったCX-60…3.3L直6ターボの“ガソリンエンジン”も登場、豪州マツダ

マツダの新世代『ラージ商品群』が発売開始

マツダは2022年9月15日に新型クロスオーバーSUVの『CX-60』を発売しました。

CX-60はマツダの新世代プラットフォーム『ラージ・アーキテクチャー』を採用した『ラージ商品群』の第1弾モデルとして登場。

ラージ・アーキテクチャーは、幅広いパワートレインを縦置きにレイアウトする、後輪駆動ベースのプラットフォームという特徴を持っていて、マツダはCX-60の日本仕様車に4つのパワートレインを展開します。

マツダ CX-60 XD-HYBRIDが先行して販売開始!

3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンが話題に

e-SKYACTIV D

CX-60の日本仕様車に搭載されるパワートレインは、2.5リッター直列4気筒ガソリンエンジンの『SKYACTIV-G 2.5』、同エンジンのプラグインハイブリッド『e-SKYACTIV PHEV』、3.3リッター直列6気筒ディーゼルエンジンの『SKYACTIV-D 3.3』、同エンジンのマイルドハイブリッド『e-SKYACTIV D』の4種です。

このうち、3.3リッター直列6気筒ディーゼルターボエンジンを搭載した新型車としてCX-60がデビューしたことはSNS等で話題になり、「今どきこんな大きいエンジンを積んだ車が出るなんて」と、驚いた様子の投稿が見られました。

ガソリンエンジンについては2.5リッター直列4気筒であるため、特異な存在であるようには取り上げられませんでしたが、オーストラリアで発表されたCX-60には、これとは異なるガソリンエンジンが搭載されるようです。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード