MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > CX-60 > ついにマツダCX-60発売! 一番人気e-SKYACTIV D搭載モデルから順次
CX-60

更新

ついにマツダCX-60発売! 一番人気e-SKYACTIV D搭載モデルから順次

マツダ CX-60 XD-HYBRIDが先行して販売開始!

マツダ CX-60 XD-HYBRID Premium Sports

マツダは2022年9月15日から新型クロスオーバーSUVマツダ CX-60の販売を開始しました。ただし販売されるのは、受注比率がもっとも高かった「e-SKYACTIV D」搭載モデルの「XD-HYBRID」グレードのみとなり、その他のモデルは12月以降の販売を予定しています。

「CX」に続く2桁の数字を持つモデルは、新世代ラージ商品群と呼ばれる高出力の縦置きエンジンと後輪駆動を主軸とする高級路線のクロスオーバーSUVです。マツダ CX-60はそのシリーズの第1弾となります。

SUVでも人馬一体を目指すマツダ CX-60

マツダ CX-60は、エンジン縦置きの後輪駆動のための新開発プラットフォーム採用に伴ってあらゆる面を刷新し、より上質で車との一体感を楽しめるSUVに仕上げられています。

日本人の感性や美意識を合わせた上質な内外装に加え、運転に集中できるようにドライバーの身長や目の位置などから、最適なドライビングポジションに自動調整してくれる機能を搭載。

顔認証によって最大6人までのシートポジションやミラー角度、空調温度などを記録する「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」を備えています。

直6ディーゼルターボ+MHEVの「e-SKYACTIV D」

e-SKYACTIV D

縦置きの3.3L直列6気筒ディーゼルターボエンジンに、48Vマイルドハイブリッド(MHEV)を組み合わせたパワートレインが今回販売された「XD-HYBRID」グレードに搭載される「e-SKYACTIV D」です。

最高出力254PS(187kW)/3,750rpm、最大トルク550N・m(56.1kgf・m)/1,500〜2,400rpmのスペックは3.3L直6ディーセルとしては控えめな数値ながら、16.3PSのモーターを組み合わせることでレスポンスに優れた発進・加速性能を実現し、マツダが提唱する「人馬一体」の走りがSUVでも味わえます。

また、新開発のトルコンレス8速ATによってダイレクトな加速感を得られるとともに動力伝達効率も改善され、MHEVと組み合わせることでWLTCモード21.0km/Lの優れた燃費性能を実現してる点もCX-60 e-SKYACTIV Dの大きな特徴です。

マツダ CX-60はどのモデルが人気?

ロジウムホワイトプレミアムメタリック

マツダ CX-60は、2022年6月24日の予約受注開始から約2か月半で、予定する月販計画台数の4倍以上となる8,726台の受注を獲得しています。

もっとも受注が多かったのは先行して販売される「e-SKYACTIV Dモデル」です。そのなかでもタンカラー内装の「XD-HYBRID Premium Sports」の4WDモデルに予約が集中しています。

ボディカラーは、オプションカラーの「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」が45%ともっとも人気が高く、次いで同じくオプションカラーの「マシーングレープレミアムメタリック」が15%、通常カラーの「ジェットブラックマイカ」の14%が続いています。

CX-60の購入層と他のモデルの登場は?

年齢別の購入層は40代と50代が多く、全体の26%と25%を占めるものの、30代と20代がそれぞれ20%と14%であり、マツダ CX-60は若年層にも高い人気を得ていることが伺えます。

冒頭でもお伝えしたとおり、9月15日から全国のディーラーで販売されるのは受注比率が43%ともっとも高かった「e-SKYACTIV D」を搭載する「XD-HYBRID」グレードのみです。

そのほかの2.5L直4エンジンモデルやPHEVモデルなどは12月以降の販売開始を予定しており、詳細な販売時期はマツダのオフィシャルサイトで随時お知らせしていくとのことです。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

マツダの最新情報はこちら

新型3列SUV「CX-80」のデビューもいよいよ?

CX-60の発表会で今後の新型車に関する予定を発表

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

新型クラウンが出荷開始!続々と全国に輸送される

ホンダの新型SUV「ZR-V」の先行予約がスタート

執筆者プロフィール
伊藤友春
伊藤友春
1981年生まれ。自動車専門Webライターとして執筆活動中。自動車の構造に明るく、ほとんどの整備や修理をDIYでこなす。輸入車・コンパクトカー・変わったデザインやコンセプトの車が好きで、現在の愛車はその最た...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード