MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > マツダ CX-5の後継はCX-50?特許庁に商標が申請されていた!
マツダ

更新

マツダ CX-5の後継はCX-50?特許庁に商標が申請されていた!

搭載されるパワートレインは?

エンジンは現行モデルに搭載されている直列4気筒2.2Lディーゼルターボ「SKYACTIV-D」に加え、最高出力226psを発生する直列4気筒2.5Lガソリンターボ「SKYACTIV-G」に、最高出力187psを発生する直列4気筒2.5Lガソリン+48Vマイルドハイブリッドが新たに追加されると見込まれています。

2020年11月に発表された現在開発中の「縦置き6気筒/縦置き4気筒とプラグインハイブリッド」
2020年11月に発表された現在開発中の「縦置き6気筒/縦置き4気筒とプラグインハイブリッド」

さらに直列6気筒3.0Lの「SKYACTIV-X」+48Vマイルドハイブリッド、直列6気筒3.3L「SKYACTIV-D」ディーゼルターボという2種類の直列6気筒エンジンがトップグレードに採用されるだろうとのことです。

また、駆動方式は現在のFFベースからFR(後輪駆動)ベースへと変更される見込みとのことです。

新開発の「Largeアーキテクチャー」を採用か

この背景には、マツダが2019年5月9日の決算報告会見にて発表した、「Largeアーキテクチャー」の存在があります。

これは、FRレイアウトと直列6気筒エンジンを組み合わせた新開発プラットフォームで、エンジンの横置き化、48Vマイルドハイブリッドシステム/プラグインハイブリッドシステムなども含まれます。

発表は最速で2021年内に?

マツダ CX-5後継「CX-50」のデビューは2022年初頭になると予想されており、最速で2021年内に発表されるだろうとのことです。

マツダ CX-5とは

マツダ CX-5 現行モデル
マツダ CX-5 現行モデル
(画像:マツダ 広報)

マツダ CX-5はミドルクラスのクロスオーバーSUVとして2012年に初代モデルがデビュー、2017年に現行モデルの2代目にフルモデルチェンジしています。

CX-5はマツダの「SKYACTIV」思想に基づいた燃料効率の高い「SKYACTIVエンジン」、高機能な「SKYACTIVシャシー」、軽量で高い剛性を持つ「SKYACTIVボディ」を採用、現在でも堅調な販売台数を維持する人気SUVとなっています。

CX-5現行モデルの新車車両価格は、約262万円から約409万円となっています。

最新「CX-5」中古車情報
本日の在庫数 3077台
平均価格 203万円
本体価格 57~388万円

【マツダのディーゼル車一覧】燃費や価格まとめ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード