MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マツダ > CX-30 > マツダが「MAZDA3」「CX-30」を一部改良、マイルドハイブリッドシステム採用
CX-30

更新

マツダが「MAZDA3」「CX-30」を一部改良、マイルドハイブリッドシステム採用

「MAZDA3」「CX-30」が一部商品改良

新グレード「Proactive Touring Selection」
左:MAZDA3、右:CX-30

マツダは2022年8月4日、コンパクトカー「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「CX-30」を一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて、本日より予約受付を開始しました。

発売は「MAZDA3」が9月下旬以降、「CX-30」は8月下旬以降を予定しています。

発表されたMAZDA3とCX-30の画像を全部見る(画像13枚)

マイルドハイブリッドシステム採用へ

e-SKYACTIV G 2.0

今回の商品改良で、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」を「e-SKYACTIV G 2.0」に変更。「e-SKYACTIV G 2.0」はマツダ独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリッド」を組み合わせたエンジンです。

減速エネルギー回生の活用による環境性能の向上だけでなく、モーターによるエンジンアシストで、始動・発進時に従来よりも静粛性の高い加速を実現。WLTCモード燃費は現行モデルと比べて約0.6km/Lも改善しています。

商品改良後のパワートレインは以下のように変わります。

MAZDA3のパワートレイン一覧

  • SKYACTIV-G 1.5
  • e-SKYACTIV G 2.0
  • SKYACTIV-D 1.8
  • e-SKYACTIV X

CX-30のパワートレイン一覧

  • e-SKYACTIV G 2.0
  • SKYACTIV-D 1.8
  • e-SKYACTIV X

グレード体系の見直しも実施

MAZDA3の内装(左)、CX-30の内装(右)

上記に加え、グレード体系の見直しもありました。

「e-SKYACTIV G 2.0」、「SKYACTIV-D 1.8」搭載車の上級グレードを「Proactive Touring Selection(プロアクティブ ツーリング セレクション)」に集約。上級インテリア加飾やや自動防眩ルームミラー(フレームレス)を取り入れることで内装の質感をさらに向上しています。

また、「Proactive Touring Selection」には本革内装もメーカーオプションで設定されています。2種類のそれぞれ設定されるレザーパッケージは以下のとおりです。

MAZDA3の内装オプション

  • バーガンディレザーパッケージ(画像左)
  • ブラックレザーパッケージ(画像右)

CX-30の内装オプション

  • ホワイトレザーパッケージ(画像左)
  • ブラックレザーパッケージ(画像右)

一部商品改良後の車両価格

一部改良後の車両価格は、MAZDA3が2,288,000円~3,842,280円、CX-30が2,458,500円~3,915,980円となります。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

マツダの最新情報はこちら

新型3列SUV「CX-80」のデビューもいよいよ?

CX-60の発表会で今後の新型車に関する予定を発表

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

北米発表の新型HR-V、日本では「ZR-V」としてデビューが決定

新型クラウンの市販型デザインイメージを作成!色付きだと印象がぜんぜん違う

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード