MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > マセラティ > マセラティ「MC20」新型スーパーカーを公式チラ見せ!モスの歴史に触れながらご覧あれ
マセラティ

更新

マセラティ「MC20」新型スーパーカーを公式チラ見せ!モスの歴史に触れながらご覧あれ

イタリアの高級車メーカー、マセラティが開発を進めている「MC20」が公式チラ見せ!このモデルに深く関わる故スターリング・モス氏との歴史に触れながらお伝えします。

故スターリング・モスに敬意を評したMC20

マセラティ MC20

2020年4月12日に90歳で亡くなった伝説のF1レーサー、スターリング・モス氏に敬意を表したMC20。“MC”は、マセラティ・コルセ(イタリア語。マセラティ・レーシングの意味)の頭文字で、“20”は2020年を意味します。

MC20には先代となる「MC12」の名を持つスーパーカーがありました。

マセラティ MC12
2004年に発表された「MC12」。このマシンでマセラティは37年ぶりにモータースポーツに復帰、2004年から2010年までのFIA GT選手権で22勝を飾った。

1956年F1モナコGPでモスが乗るマセラティ 250Fがポール・トゥ・ウィン

2014年に撮影されたスターリング・モス氏とマセラティ 250F
2014年に撮影されたスターリング・モス氏とマセラティ 250F

MC20のプロトタイプの発表日は5月13日。この日はスターリング・モス氏が1956年のモナコGPでマセラティ 250Fに乗ってポール・トゥ・ウィンを決めた日で、これにあわせて発表したとのことです。

マセラティ MC20
ボディサイドの一部

1958年にモスがデビューさせた「420/M/58 エルドラド」をオマージュしたMC20

画像一番奥から、420/M/58 エルドラド、250F、MC20。
画像一番奥から、420/M/58 エルドラド、250F、MC20。

マセラティは、「エルドラド・アイスクリーム・カンパニー」という文字通りアイスクリームの会社のオーナーから命を受け、レーシングカーを作成、1958年にデビューしたのが「420/M/58 エルドラド」。

画像一番奥から、420/M/58 エルドラド、250F、MC20。

今では、自動車に関係のない会社がレーシングチームのスポンサーになっていますが、当時はそうではありませんでした。マセラティが、モータースポーツのスポンサーに自動車に関係のない企業を欧州で初めて迎え、これを機にさまざまな業種の企業がモータースポーツを支援することが始まりました。

当時のレーシングマシンはFIAが割り当てたナショナルカラーを纏うものでしたが、420/M/58 エルドラドは、エルドラド社のコーポレートカラーで塗られ、ボディ側面には企業名が書かれ、ノーズ中央と左右のリアフィン側面に、笑顔のカウボーイのキャラクターが描かれていました。

420/M/58 エルドラドは深くモス氏が関わっていました。

画像一番奥から時計周りに、420/M/58 エルドラド、250F、MC20。

マセラティが一貫して開発から生産を行うエンジンを搭載、今後の主力へ

マセラティ MC20
リアの一部

MC20はミッドシップレイアウトで、マセラティが一貫して開発から生産まで行うエンジンが搭載されるとのことです。この新開発エンジンは、革新的な燃焼システムが採用され、今後のマセラティのラインナップに搭載されるエンジンファミリーの第一弾として開発していると伝えられています。

スペックや価格などはまだ明らかにされてません。続報にご期待ください。

このモデルもモス氏と縁が…

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (8枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事