MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > レクサス > LS > 日本車でもソフトウェアアップデートが!レクサス「LS」の一部改良内容とは
LS

更新

日本車でもソフトウェアアップデートが!レクサス「LS」の一部改良内容とは

安全機能の性能向上でさらに快適な乗り心地に

レクサスは10月28日、フラッグシップセダンである「LS」を一部改良し、発表しました。

今回の一部改良では、走りの上質感や乗り心地向上に磨きをかけており、一例として、標準装備の19インチタイヤが、従来のランフラットタイヤから、静粛性がより優れた新開発のノーマルタイヤに変更されました。なお、標準装備でなくなったランフラットタイヤは、メーカーオプションで選択可能です。

また、予防安全パッケージのLexus Safety System+Aの一部であるレーントーシングアシストも改良されました。システム制御を改良したことでセンタートレース性が向上し、ふらつきが少なく、安全・安心な走行ができる制御となったため、ドライバーの負担がより軽減されるとしています。

高度運転支援技術のLexus Teammate[Advanced Drive]搭載モデルの性能向上も実施されました。

側方間隔確保機能の作動条件を、追い越しの際も作動するように変更したことで、ドライバーの意志どおりの運転ができる支援システムが実現されたほか車線変更支援の作動シーンを拡大し、被合流区間から区間外へのレーンチェンジ支援ができるようになりました。

加えて、メーターグラフィックの一部変更も行い、視認性を向上させています。

今回の改良内容の一部は、Lexus Teammate[Advanced Drive]装着車に限り、すでに購入済みのLSにも、無線通信機を使用したソフトウェアアップデートで提供されます。

一部改良後の新車価格は、ガソリンエンジンモデルが1,071万円~1,578万円、ハイブリッドモデルが1,220万円~1,731万円です。

今回新たな取組みとして行われる、購入済みのユーザーに対するソフトウェアアップデートは、スマートフォンやパソコンでは一般的となっているものです。しかし、自動車業界では、テスラなどのごく一部にとどまってきました。

ただ、既存のユーザーに対するメリットは大きく、今後は通信機能を標準装備する高級車などから中心に、ソフトウェアアップデートの仕組みは増えていくと考えられます。

徹底したリサーチで生まれたレクサスブランドの歴史!

新型LXを日本の公道で目撃!

レクサス新型LXがワールドプレミア

執筆者プロフィール
清水 圭太
清水 圭太
1995年生まれ。自動車やファッション、高級時計などのライターとして執筆活動中。現在の愛車はランドローバー、輸入車が好き。週末はSUVで旅行に行くのが楽しみになっている。
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード