MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > レクサス > レクサス LCの欧州限定仕様「北海道エディション」は国内モデルと何が違う?
レクサス

更新

レクサス LCの欧州限定仕様「北海道エディション」は国内モデルと何が違う?

欧州のみで販売されるLC 北海道エディション

レクサスの欧州部門は2022年3月14日、最上級クーペ「LC」「LC コンバーチブル」の2車種に限定仕様の「HOKKAIDO EDITION(北海道エディション)」を設定すると発表しました。

生産台数はクーペとコンバーチブルそれぞれ40台ずつで、2022年4月から欧州のみで販売を開始する予定です。

名前を聞いた時に寒冷地仕様車と思った方もいるかも知れませんが、北海道エディションという名称は、トヨタ・レクサスのテストコース「士別試験場」が北海道士別市にあることに由来しています。士別試験場は限定500台のスーパーカー「LFA」の開発がされた場所でもあり、レクサスにとっては特別な場所です。

北海道エディションと国内版LCの違い

LCコンバーチブル 北海道エディション

北海道エディションと国内で販売されているLCの違いは、選択できる内外装色や専用パーツなどで、パワートレインは共通です。

専用のボディカラー&内装色

限定ボディカラー「フレアレッド」

北海道エディションのボディカラーは「ソニックプラチナ(1L2)」「Fスポーツホワイト(083)」「グラファイトブラック(223)」「フレアレッド」の4色。

フレアレッド以外の3色は、名称は異なるものの日本で選ぶことができます。フレアレッドはこれまでFスポーツ限定の内装色として知られていましたが、どうやら今回はボディカラーとして選択することができるようです。

専用内装色「ダークレッド/ブラック」

内装はダークレッドとブラックの2トーンなのですが、こちらは北海道エディションでしか選択できません。

専用装備

北海道エディションは専用装備として21インチアルミホイール、ブラックシグネチャーグリルやオーナメント、LEDヘッドライト、アフターバーナー式テールライトなどを装着しているほか、コンバーチブルのルーフはレッドまたはブラックのファブリックを選択できます。

見た目はホイールやライトのデザインやグリルの色が変わりますが、それほど大きく変わることはありません。しかし、内装に配置されているシリアルナンバー付きの専用プレートは所有欲を満たしてくれるでしょう。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

トヨタの新型車情報はこちら

トヨタの名門セダンがクロスオーバースタイルでフルモデルチェンジ?

ヤリス クロスにGRスポーツが設定予定、格安GRに期待

その他の最新情報

ようやく?日産 次期型エクストレイルの国内発売は近い?

マツダの最新SUV「CX-60」がついにお披露目!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード