MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > レクサス > ES > レクサス ESが“ステーションワゴン”になったら…絶滅危惧「万能車」は復興する?
ES

更新

レクサス ESが“ステーションワゴン”になったら…絶滅危惧「万能車」は復興する?

「セダンより多く、ミニバンより速く」な“ステーションワゴン”

レヴォーグ STI Sport R EX 走行イメージ
レヴォーグ STI Sport R EX

現在世界的に流行となっている“SUV”をはじめ、“ミニバン”や“セダン”、“ハッチバック”、“クーペ”など車にはさまざまなボディタイプがあります。

クーペは走行性能に優れるものの車内空間の広さや積載性能に劣る、ミニバンは車内空間の広さや積載性能は優れるものの走行性能に劣るなど、ボディタイプにはそれぞれ長所と短所があるため、ライフスタイルや好みにあわせた車選びにおいて、非常に重要な要素のひとつです。

そんな中にあって、走行性能と積載性能の両立を目指したのが、セダンボディの車のルーフを延長し、2ボックス形状にした“ステーションワゴン”。

メーカーによって呼び方が変わったり、定義が異なったりするものの、おおむね2リッター前後およびそれ以上の排気量のエンジンに相当する程度の性能のパワートレインを持ち、セダンと同程度の最低地上高と全高、かつ2ボックス形状の車がこう呼ばれることが多いです。

このいわゆるステーションワゴンは、高いドライバビリティを持ちながら、長物も積載可能な十分なラゲッジスペースを備えているという特徴を持つ万能な車と言えます。

3列シートSUVとして新たなモデルがデビュー?

SUV人気に押されつつも…まだまだ根強い人気

かつて人気を博したホンダ アコードワゴン(2代目)

現在、日本メーカーが日本国内向けにラインアップしているいわゆるステーションワゴンは、トヨタの『カローラ ツーリング』、スバルの『レヴォーグ』、マツダの『6(ワゴン)』の3車種。

一時期は日産の『ステージア』や三菱の『レグナム』、ホンダの『アコードワゴン』など、各メーカーがいわゆるステーションワゴンを展開していましたが、クロスオーバーSUVが業界全体で隆盛を極めている現在、残っている“国産ステーションワゴン”は前述の3車種だけとなっています。

とはいえ、カローラ ツーリングやレヴォーグは新型になっても好調な販売台数を記録する定番のモデル。SUV人気の中でも、その存在感がすっかりなくなっているわけではありません。

そんな、万能な車である“ステーションワゴン”の復興を祈ってか、レクサスの高級セダン『ES』を“ステーションワゴン”にしたらどうなるのか確認できるCGが作成されました。

フルモデルチェンジでUX300hがデビュー?

高級セダン『ES』がステーションワゴンになったら…

出典:www.instagram.com

海外メディアによって公開されたレクサス ESのステーションワゴンモデルの予想CGでは、ひと目でESとわかるスタイルながら「これこそステーションワゴンのデザイン」と言える伸びやかなキャビンスペースを備えたモデルが描かれています。

レクサスはこれまでにいわゆるステーションワゴンを販売しておらず、近いモデルは2022年10月末で生産を終了するハッチバックの『CT』のみ。CTなきあとのレクサスの日本でのラインアップはセダン、クーペ、SUVのみとなりますが、ESのステーションワゴンがここに加わるとその選択肢に幅が生まれるでしょう。

次期カムリの姿はどうなる?予想CGが作成された

意外といろいろなボディタイプがあるシビック タイプR

欧州連合知的財産庁(EUIPO) への商標出願が確認される

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード