MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ランドローバー > レンジローバー > レクサスLXとガチンコ勝負?新型レンジローバーがリーク…デザインは賛否両論?
レンジローバー

更新

レクサスLXとガチンコ勝負?新型レンジローバーがリーク…デザインは賛否両論?

レンジローバーとは

現行モデルはランドローバー初となるオールアルミニウムモノコックを採用し、2013年にフルモデルチェンジした4代目。ホイールベースはスタンダードとロングホイールベースの2タイプのボディがラインナップしています。ランドローバーブランドのフラッグシップSUVとして堅実な人気を維持しています。

悪路走行性能だけではなく、内装の豪華さと快適さから「砂漠のロールスロイス」と呼ばれイギリス王室御用達となっているのはご存知の通りです。

リークされた次期新型レンジローバー

引用元:autojosh.com

海外メディアにリークされた次期新型レンジローバーを見る限りでは、基本的にはキープコンセプトとしフロントとリアデザインに一部変更が与えられているように見えます。

しかし、画像をリークした海外メディアによると、次期新型レンジローバーにはフラッシュサーフェイス(面一処理) デザインが施され、ドアロックを解除するとポップアップし、その後ロックまたは走行時に格納される「デプロイアブルドアハンドル」 が採用されているとのこと。

引用元:autojosh.com

リアデザインは、現行モデルとは大きく異なっているのがリークされた画像から確認が出来ます。リアバンパーとテールゲート(リアゲート)との段差はなく、分割式テールゲートは引き続き採用されると思われます。

引用元:autojosh.com

テールランプは現行型と比べて、かなりシンプルなデザインに。片側2分割となっている事から、リアウィンカーは上下どちらかが作動時に点滅するような仕組みが想定されます。

高級SUVセグメントは更に激しい競争に

高級SUVの1つに取り上げられる事が多い、レンジローバーの新型が発売される事で高級SUVセグメントは更に激しい競争が繰り広げられそうです。

つい先日発表された次期新型レクサスLXでも4人乗り仕様が発表されたように、レンジローバーにはラグジュアリーかつ走行性能を更に高めた最上位モデルとなるAutobiography(1,861万円~)も発売されると予想されています。

ランボルギーニもSUVを販売し、フェラーリでさえも開発を行っている言われるように海外市場でも人気が高いSUV。レクサスLXやレンジローバーといった高級SUVを代表する新型車登場で更なる競争が発生することでしょう。

また、電動化の波に対してレンジローバーがどのような対応を行うのか、今後の最新情報に注目です。

こちらの記事も人気

高級車っていくらするの?

高級SUVの頂点はどの車?

高級ミニバンの第1位は?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (5枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード