MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ランドローバー > ディスカバリー > ランドローバー ディスカバリー 改良新型をスクープ!PHEV追加で進む電動化
ディスカバリー

更新

ランドローバー ディスカバリー 改良新型をスクープ!PHEV追加で進む電動化

イギリスの老舗四輪駆動車メーカー、ランドローバーのフルサイズSUVディスカバリー」がマイナーチェンジするというスクープ情報が、スパイショットとともにMOBY編集部に入ってきました!

改良新型はPHEVを追加か

改良新型ランドローバー ディスカバリー プロトタイプ スパイショット
フロント
スパイショットされた改良新型ディスカバリーのプロトタイプはカモフラージュが軽め。
改良新型ランドローバー ディスカバリー プロトタイプ スパイショット
フロント部拡大
エアインテークの形状変更などフロントバンパーは新しくなっている。
ランドローバー ディスカバリー 2019年モデル
ランドローバー ディスカバリー 2019年モデル
(画像:ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報)
改良新型ランドローバー ディスカバリー プロトタイプ スパイショット
フロントとボディサイド
ヘッドライト周りは現行モデルと変わりがないが、今後手を加えられる可能性があるとのこと。
改良新型ランドローバー ディスカバリー プロトタイプ スパイショット
ボディサイド
インテリアは最新型ランドローバー車に採用されている、大型ディスプレイのインフォテインメントシステム、デジタルメータークラスター、カメラ式ルームミラー、新デザインのステアリングホイール、トリムなどに変更される模様。
改良新型ランドローバー ディスカバリー プロトタイプ スパイショット
リアとボディサイド
リアビューも現行モデルと変わりがないが、フロント周り同様、今後手を加えられる可能性があるとのこと。
ランドローバー ディスカバリー GO OUT EDITION
ランドローバー ディスカバリー GO OUT EDITION
(画像:ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報)
改良新型ランドローバー ディスカバリー プロトタイプ スパイショット
リア

パワートレイン

改良新型ディスカバリーは、ヨーロッパの二酸化炭素排出規格に対応するため電動化が必須となる背景があり、PHEVモデルが投入される可能性が高いとのこと。

PHEVは「P300」と呼ばれる最高出力200psを発生する直列3気筒1.5L「インジニウム」ガソリンエンジンに最高出力108psを発生する電気モーターが組み合わせられる模様です。

また、直列6気筒3.0Lに48Vマイルドハイブリッドパワートレインが採用される可能性もあるとのことです。

発表時期

ランドローバー ディスカバリーのマイナーチェンジは2020年内にインターネット上でワールドプレミアされるという予想となっていました。

ランドローバー ディスカバリーとは?

ランドローバー ディスカバリー 2019年モデル
ランドローバー ディスカバリー 2019年モデル
(画像:ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報)

ディスカバリーの初代モデルは1989年に「ランドローバー第3のモデル」と銘打たれてデビューしたSUV。以降フルモデルチェンジが繰り返され現行モデルは5代目、2017年のフルモデルチェンジとなります。

ディスカバリーはランドローバーのラインナップでは中堅クラスとなり、フラッグシップモデルとなるレンジローバーの下に位置します。

現行ディスカバリーのシートは3列7人乗りと2列5人乗りが設定され、車両価格は877万円から1,002万円となっています。

※2021年新型車デビュー予想全モデル一覧はこちらからご覧ください。

*この記事等で使用されている業界専門用語解説はこちら
スパイショットワールドプレミア次期新型・改良新型・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジ

「ディーラーで聞いたよ!」など読者からの新型車情報提供はこちらから。

[/feed-ignore]

すべての画像を見る (9枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!