MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ランボルギーニ > ランボルギーニ L595 ザガート ロードスター発表!価格とスペックや発売日は?
ランボルギーニ

更新

ランボルギーニ L595 ザガート ロードスター発表!価格とスペックや発売日は?

【最新情報】ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスターが発表!

ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスター

ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスター

イタリアのカロッツェリアである「ザガート」は、ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスターを制作することを発表しました。

同車は2014年に発表された「ランボルギーニ L595 ザガート」のオープンモデルです。

ランボルギーニとザガートの関係性とは?

ザガートは、イタリア ミラノの老舗カロッツェリア(車体のデザイン・製造業者)です。
1919年の創立語、アルファロメオやランチア、マセラティなどのイタリア車の車体設計・製造に関わり、多くの名車を生み出してきました。

ランボルギーニとの協業は1965年からで、当時のランボルギーニ 350GTをベースにした「3500GTZ」を製造したのが始まりです。

その後、ディアブロVTをベースにしたワンオフモデル「ザガート ラプター」や、ガヤルドLP570-4をベースにしたコンセプトカー「5-95 ザガート」など、インパクトのあるモデルを制作。
前衛的なデザインやシルエットが、多くのファンの注目を集めています。

【自動車の歴史】ランボルギーニの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

ランボルギーニ L595 ザガートとは?

ランボルギーニ L595 ザガートは、ランボルギーニとザガートによるワンオフモデルです。

ランボルギーニのコレクターとして有名なアルバート スピース(Albert Spiess)氏からのオーダーにより、開発・制作が決定。

ランボルギーニ ガヤルド LP570-4をベースとして、日産 キャシュカイ(欧州日産が製造するクロスオーバーSUV)をデザインしたステファン・シュワルツがスタイリング・デザインを担当しました。

ボディはカーボンファイバー製で、ルーフやリア周りのデザインは、「3500GTZ」がモチーフとされています。

「ランボルギーニ ガヤルド LP570-4 スパイダー ペルフォルマンテ」がベース!

ランボルギーニ ガヤルド LP740-4 スパイダー ペルフォルマンテ

ランボルギーニ ガヤルド LP570-4 スパイダー ペルフォルマンテ-2012

ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスターは、ランボルギーニ ガヤルド LP570-4 スパイダー ペルフォルマンテをベースとして開発されています。

ガヤルド LP570-4 スパイダー ペルフォルマンテは、ガヤルドを570PSまでパワー・アップし、車両重量を70kg軽量化したガヤルドLP570-4 スーパーレジェーラをオープンモデルにした車です。

両車のサイドビューの写真を比較すると、新型 L595 ザガート ロードスターは、ガヤルド スパイダーのラインを活かした独自のデザインであることがわかります。

【史上最多販売台数】ランボルギーニガヤルドの実燃費やエンジンスペックから中古車価格まで

【ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスター】エクステリア(外装)

ランボルギーニ L595ザガート フロント

ランボルギーニ L595ザガート

ランボルギーニ L595ザガート サイド

ランボルギーニ L595ザガート

ランボルギーニ L595 ザガート リア

ランボルギーニ L595 ザガート

ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスターは、ルーフをオープン化するにあたって、ルーフ周りが新しくデザインされています。

ベースとなるガヤルド LP570-4 スパイダー ペルフォルマンテのルーフはソフトトップですが、新型L595 ザガート ロードスターは、特徴的な「ダブルバブル ルーフ」を折り畳み式に変更するのではないかと予想されています。

【ランボルギーニ 新型L595 ザガート ロードスター】インテリア(内装)

ランボルギーニ ガヤルドL7450-4 スパイダー ペルフォルマンテ

ランボルギーニ ガヤルド LP570-4 スパイダー ペルフォルマンテ_2-2012

ランボルギーニ 新柄L595 ザガート ロードスターは、ガヤルドのボディをザガートがデザインしたL595 ザガートに換装するだけと言われています。

そのため、インテリアはガヤルドL7450-4 スパイダー ペルフォルマンテをそのまま利用すると予想されています。

この記事の執筆者
宮代ツトム

関連キーワード