MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ランボルギーニ > ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4|クーペ・ロードスターの価格や性能は?
ランボルギーニ

更新

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4|クーペ・ロードスターの価格や性能は?

ランボルギーニ チェンテナリオ(センテナリオ)の名前の意味

創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニ氏

フレッチオ・ランボルギーニ

ランボルギーニ社の創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年を記念して発売されたランボルギーニ チェンテナリオ(センテナリオ)。
イタリア語で「100周年」を意味する「チェンテナリオ」という名前がストレートに車名に与えられています。

チェンテナリオはセンテナリオとも呼ばれている

車名の「チェンテナリオ」は、日本において「センテナリオ」と呼ばれることもあります。
「センテナリオ」はスペイン語読みですが、イタリア語の「チェンテナリオ」になぜスペイン語読みの呼称が使われるのか理由は定かではありません。

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4とは

ランボルギーニ チェンテナリオ クーペ

ランボルギーニの限定モデル「チェンテナリオLP770-4」は、ランボルギーニ アヴェンタドールを改良した車種で、限定40台のみ生産されたかなりレアなランボルギーニです。
クーペタイプとロードスタータイプの2種類それぞれが20台ずつ販売され、ランボルギーニの中でもプレミアムな車です。

ジュネーブ・モーターショー2016開催前から、特許出願画像やリーク画像が毎日のように飛び交ったランボルギーニ チェンテナリオ。
予想されていたとおり、ジュネーブ・モーターショー2016にてチェンテナリオ クーペが公開され、2016年8月にカリフォルニアで開催されたモントレー・カー・ウィークではチェンテナリオ ロードスターが公開となりました。

フェルッチオ・ランボルギーニ氏へのメッセージも組み込まれたチェンテナリオ公式プロモーション映像

【自動車の歴史】ランボルギーニの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

イタリア車全メーカーの歴史・由来が深い!フェラーリ、ランボ、マセラティ等

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4のエクステリア(外装)

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4は、ランボルギーニ アヴェンタドールを元にしたデザインだけあってとても無駄のないスタイリッシュなデザインです。
至るところにデザインの手が加えられ、立体感のある凹凸で陰影がでて、迫力が増しています。

ランボルギーニ チェンテナリオ クーペ

ランボルギーニ センテナリオ

ランボルギーニ チェンテナリオ ロードスター

ランボルギーニセンテナリオ ロードスター
ランボルギーニセンテナリオ ロードスター

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4のインテリア(内装)

ランボルギーニ チェンテナリオ クーペ

ランボルギーニ チェンテナリオ ロードスター

ランボルギーニ センテナリオ ロードスター

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4のスペック

参考)元になったランボルギーニ アヴェンタドール

ランボルギーニ アヴェンタドール
Shutterstock.com/ lendy16

ランボルギーニ アヴェンタドールを元にしたモデルですが、エンジン周りにも手が加えられ進化しており多くの面で性能が向上しています。
「LP770-4」は770馬力、4輪駆動の意味です。

排気量6.5L V型12気筒エンジンを搭載しており、最高出力770psにまで性能がパワーアップしています。
動力性能は0-100Km/h加速2.8秒、最高速度350Km/hとなり、公称値こそアヴェンタドールと大差ありませんが、運転すれば違いが感じられることと思います。

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4の価格

ランボルギーニ センテナリオ

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4は記念モデルで限定販売ということもあり、販売価格は200万ユーロ、日本円にして約2億5,000万円となります。

驚くべきことに、高額にも関わらず、デザインなどが発表される前に完売していたとのこと。

ベースになったアヴェンタドールの中古車情報

最新「アヴェンタドール」中古車情報
本日の在庫数 43台
平均価格 4,211万円
本体価格 2,898~6,750万円
アヴェンタドールの中古車一覧へ

ランボルギーニ チェンテナリオの動画

ジュネーブ・モーターショー2016にて公開時の映像

ランボルギーニ チェンテナリオLP770-4のサーキット走行映像

スーパーカーの中のプレミアムモデル

ランボルギーニ アヴェンタドールの意匠を踏襲しながら、凹凸の立体感やバックカバーのデザインが特徴のランボルギーニ チェンテナリオLP770-4。
スペック、デザイン、限定40台の希少性から、創業者であるフレッチオ・ランボルギーニ氏の生誕100周年記念にふさわしい車といえます。

おすすめの関連記事

ランボルギーニ新型「マタドール」はアヴェンタドールの次期モデルか?

ランボルギーニ新型ウラカン!価格は2280万円!買い?諸経費・維持費もまとめてみた!

世界で一台限定のランボルギーニがオークションに→超プレミア過ぎて想定外の結末に…

ジュネーブモーターショー2016で世界初公開される注目車TOP10!ブガッティやランボも

すべての画像を見る (14枚)

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部 第4グループ

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!