MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ジープ > ラングラー > ジープがラングラーの完全EVコンセプト「マグニート」を発表!EV×6MTの個性派
ラングラー

更新

ジープがラングラーの完全EVコンセプト「マグニート」を発表!EV×6MTの個性派

ジープ ラングラーのBEVコンセプト「マグニート」

2021年3月22日、ジープ ラングラーのBEVコンセプト「マグニート(Magneto)」が発表されました。

BEVとはバッテリー式電動自動車のことで、エンジンを搭載しない完全電気自動車を意味します。

エンジン無しでも本格オフロード性能はそのまま

マグニートの特徴として、電気自動車ならではの静粛性と加速力に加え、本格オフローダーとしてのロッククライミング性能が挙げられます。

これにより、オンロードとオフロードのどちらにおいてもパフォーマンスと環境性能の両立が実現したと、ジープは伝えています。

エクステリアのデザインは、サーフブルーをアクセントにしたホワイトカラーを基調とし、オリジナルのデカールを施したボンネットが目に入ります。

専用装備として2インチのリフトキット、35インチのマッドテレーンタイヤ、17インチのブラックメタリックホイール、カスタムロールケージ、ロックレール、スチールバンパーなどが用意されています。

ピュアEVなのでエンジンは搭載していませんが、ジープブランドを象徴する7本スリットのグリルは健在。

V6ガソリンエンジンに匹敵するモーター

搭載する電気モーターは、最高出力285馬力と最大トルク370Nmを発生し、3.6LのV型6気筒ガソリン「PentastarV-6」に匹敵する性能を発揮。0-100km/hは6.8秒としています。

トランスミッションはピュアEVとしてはかなり珍しいと言える6速マニュアルを採用。エンジン搭載車と同じように作動するクラッチを備えています。

モーターに電力を供給するのは合計容量70kW/hの4つのリチウムイオンバッテリーです。各電池はそれぞれ別の場所に配置され、車重のバランスを最適化します。

それぞれ、従来は燃料タンクがあった場所とその反対側に1つずつ、後部の収納コンパートメントだった場所に1つ、エンジンルーム内のモーター下部に1つという、EVならではのレイアウトとなっています。

それらに加え、急速充電用の800Vハードウェアも装備しています。

レーシングカーから派生したインバーターは、ハイテクモーター用にDC電力をACに変換します。

バッテリー、車両インターフェースボックス、およびバッテリー制御モジュールはすべて、ラングラーの30インチの水横断機能を維持するために防水エンクロージャー内にあります。

コンセプトカーなので発売はしない

マグニートはコンセプトカーなので実際に販売はされませんが、今後ラングラーにこういった完全電気自動車モデルが登場する可能性を示した重要な1台であると言えます。

トヨタ新型ランドクルーザーも発売間近

ついにジムニーのロングホイールベースが登場

日産フェアレディZの最新情報

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (7枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード