MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ジープ > レネゲード > ジープ初のPHEV「レネゲード 4xe」を今秋国内発売へ。“MUTEK”とコラボしたデジタルアートコンテストも
レネゲード

更新

ジープ初のPHEV「レネゲード 4xe」を今秋国内発売へ。“MUTEK”とコラボしたデジタルアートコンテストも

8月7日、FCAジャパン株式会社は、Jeep(ジープ)ブランドのエントリークラスとなるコンパクトSUV「レネゲード」に同社としては初となるPHEVモデル「4xe(フォー・バイ・イー)」を2020年秋から国内発売を開始すると発表しました。

ジープ レネゲード 4xe

パワートレインは現在販売中の1.3Lガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたPHEVとなり、グレードは「Limited(リミテッド)」と「Trailhawk(トレイルホーク)」に設定することは明らかにされましたが、スペック、装備、販売開始日、価格などの詳細は今秋の販売開始発表時に公表されるとのことでした。

また、FCAジャパンはこの今秋発売に向けて「Jeep Real Hybrid e-Creators (ジープ リアルハイブリッドイークリエイターズ)in collaboration with MUTEK.JP」と称した、Jeepの新しい自由と冒険の世界を、MUTEK.JPとのコラボレーションで選出されたデジタルアーティスト、デジタルクリエイター7人のデジタルアートコンテストを実施することも発表。

MUTEK.JPとの特設サイトを8月7日にオープン、 投票は9月14日から実施予定となっており、作品の中から一般投票と特別投票で選ばれた1名の“e-Creator”には、 2021年Jeepのブランドアンバサダーとなることも併せて発表されました。

(以下、FCAジャパンプレスリリースより抜粋)MUTEK.JPとは、デジタル・クリエイティビティ、電子音楽、オーディオ・ビジュアル アートの創造性の開発、文化芸術活動の普及を目的とした、国際的に名高い芸術文化活動を行う団体のこと。”MUTEK“は1999年にカナダ・モントリオールからはじまり、文化芸術に関わる才能豊かな人材の発掘・育成をサポート、常に新しいアイデアやコンテンツの創出支援をコンセプトに、自由で実験的な表現の場を提供するクリエイティブプラットフォームを構築。「MUTEK」の由来は「MUSIC」と「TECHNOLOGY」、そのなかにある「MUTATION(融合)」の概念を重要視し、テクノロジーによって進化した音楽の突然変異を最前線で追い続けながら、音楽とテクノロジーとの対話の世界を探求し続けるという考え方から。変化する時代のなか、コンテンツの価値を探り、常に進化をして行くことをビジョンに掲げて活動中。本拠地のMUTEKでは、世界各地から毎年約3万人以上がカナダ・モントリオールに訪れ、現在ではメキシコシティー、バルセロナ、ブエノスアイレス、ドバイ、サンフランシスコ、東京と世界7ヶ国で開催される、国際的な大きなフェスティバルへと成長。日本ではアジア唯一の展開として2016年に「MUTEK Japan」を設立、多種多様なプログラムを通じて、様々なアーティスト・クリエーターと交流するクリエイティブ・コミュニティの機会を創出している。

すべての画像を見る (1枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY編集部

下取りよりも高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「カーセンサー」

おすすめポイント

  • たった90秒で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大30社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りよりも高く売れる!!