MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ジープ > ジープが来年以降のBEV計画を発表!日本導入予定の『アベンジャー』は10月デビュー
ジープ

更新

ジープが来年以降のBEV計画を発表!日本導入予定の『アベンジャー』は10月デビュー

2030年までの電動化計画を発表

2022年9月8日にジープがYouTubeの公式チャンネルで公開した動画で、2025年末までに北米とヨーロッパでフルエレクトリックSUVを4モデル導入する計画を掲げました。

さらに、包括的な製品計画の一環として2030年までに販売する新車を、アメリカでは50%をフルエレクトリック、ヨーロッパでは100%をフルエレクトリックにする予定と発表。

また、北米をはじめとする世界各地で販売する2台のフルエレクトリックSUVの新型『リーコン』と新型『ワゴニア』、さらに2023年初めにヨーロッパで発売する新型『アベンジャー』を公開しています。

アップルカーの第1号はSUV?

エレクトリックSUVのリーダーに

ジープは、アメリカで最も売れているプラグインハイブリッドであるジープ ラングラー 4xeや、グランドチェロキー 4xeの成功を背景に、エレクトリックSUVのラインアップを拡充しており、4×4性能をさらに拡張するための製品開発を進めているとしています。

このEV化計画によってワゴニアの製品ラインアップも拡がり、プレミアムミッドサイズSUVセグメントではフルエレクトリックの新型ワゴニア、ラージSUVセグメントでは最大航続可能距離800キロを実現するワゴニアを投入する予定です。

2030年には全製品レンジでバッテリーEVを提供する計画で、モデル数、セグメントシェア、販売台数の面でジープがエレクトリックSUVのリーダーとなるとしています。

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード