MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ジャガー > XJ > ジャガー新型XJはEVに!2020年から全車種に電動化モデル設定へ
新型車・モデルチェンジ

更新

ジャガー新型XJはEVに!2020年から全車種に電動化モデル設定へ

ジャガー XJ 新型はフルEVモデルに

ジャガー XJ 2018
現行型のジャガー XJ

2019年7月9日、ジャガーは最上級セダン・XJの現行モデルの生産を終了し、完全電気自動車となった次期型の生産を行なうと発表しました。さらに、ジャガー・ランドローバーは2020年以降全てのモデルに電動モデルを選択肢として設定・提供するとしており、今回のXJの電動化はその第一歩となります。

新型ジャガーXJの製造は、同社のフルEVSUVモデルである「I-PACE(アイペイス)」を手がけたデザインチームや開発陣が行ないます。

全車種EV設定へ向けた取り組みも開始

ジャガー I-PACE イメージ画像
フルEV SUV・I-PACEのイメージ画像

ジャガー・ランドローバーは、現在所有しているキャッスル・ブロムウィッチ工場を英国初のプレミアムEVの工場にするとしています。この工場で最初に生産されるのが、EVとなる新型XJ。発表は早ければ2020年となる可能性もあります。

今後は英国内での電動モデル製造強化を図っていくとのこと。英国内に電動パワートレイン工場を新設し、低コスト低リスクでEVモデルの生産を行なっていくそうです。

さらに、今後は全ラインナップ車種に電動化モデルを設定するとしており、ユーザーは今後ますます自分のライフスタイルに適した車両を選択できるようになるでしょう。

フルEV SUV・ジャガー I-PACEについてはこちら

ジャガー初EV・SUV「I-PACE」は何がすごいのか?9つのポイント【試乗レポート】

この記事の執筆者
MOBY編集部