MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > 海外でチラ見せ?ホンダのコンパクトSUV【ZR-V】が2022年夏に日本でも発売か?
ホンダ

更新

海外でチラ見せ?ホンダのコンパクトSUV【ZR-V】が2022年夏に日本でも発売か?

ホンダコンパクトSUV「ZR-V」とは

ホンダが開発中と噂されるSUV「ZR-V」はヴェゼルより小さいコンパクトSUVです。国産車だとヤリス クロス、ライズなどのトヨタ車と同じサイズとなると予想されています。

現在のホンダにおけるSUVラインナップはCR-Vとヴェゼルのみ。仮にZR-Vが国内で販売がされれば、ホンダはラージサイズ(CR-V)、ミドルサイズ(ヴェゼル)、コンパクトサイズ(ZR-V)といったSUVラインナップを設ける事となります。

海外向けSUVの発表会で公開された謎のSUVがZR-Vか?

出典元:indiacarnews.com

実は「ZR-V」は、東南アジア向けコンパクトSUV「BR-V」に搭載される最新のプラットフォームをベースにして開発が進められていると推測されています。

そんなホンダ「ZR-V」の存在が現実味を帯びたのは、プラットフォームを共通化しているとされる「BR-V」が先日の21日に発表された際の車両紹介動画でした。

「BR-V」の車両紹介動画の最後で謎の赤いアンベール幕に覆われた車両が登場。動画の中ではこの車両について「What car is that?」「Wait for our next new Excitement!!」といったやり取りのみで明らかにされていません。

開発中の「ZR-V」と、東南アジア向けコンパクトSUV「BR-V」の関係性を示唆するような一コマに見えなくもありません。

ZR-Vの予想スペックと日本導入の可能性

エンジンはタイ市場向けの4ドアセダンの「シティ」に搭載されている、直列3気筒1.0L VTECガソリンターボと予想されています。このエンジンは1.0Lの小排気量ながら1.5L自然吸気エンジン以上の走りをみせるとホンダが伝えています。

ボディサイズは全長4,000mmを切る5ナンバーサイズ、価格は100万円台からとのことで、トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーのボディサイズと価格帯が重なります。

昨今はSUVの人気が高いものの、需要としては重量の影響で燃費が悪いラージサイズSUVから、燃費が良く取り回しも楽なコンパクトサイズのSUVが人気となっています(次期新型CR-Vもそのような背景からフル電動化が噂されています)。

需要が高いコンパクトSUV、国内におけるホンダラインナップの拡大。ZR-Vはそのような背景から日本国内でも導入される可能性は十分に考えられます。今後のZR-Vの動向に注目です。

国産メーカーの新型車情報はこちらから

その他の最新情報

ライバルも着々と新機能搭載か?

トヨタノア・ヴォクシー最新情報

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード