MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > S2000 > 復活新型ホンダ S2000 のデザイン予想CGを入手!はたして本当に復活するのか?
S2000

更新

復活新型ホンダ S2000 のデザイン予想CGを入手!はたして本当に復活するのか?

2009年に惜しくも生産終了となるもいまだに高い人気を誇る「ホンダ S2000」が復活するというスクープ情報が、デザイン予想CGとともにMOBY編集部に入ってきました!

FRライトウェイトスポーツ「ベイビーNSX」で復活か

ホンダ S2000 復活新型予想デザインCG
CGの制作者はデザイナーのRain Prisk氏。
NSXに共通した薄型の複眼式LEDヘッドライト、押し出しの強いフロントグリル、バンバー両サイドにはコンパクトなエアインテークを配している。
リアエンドは「タイプR」のような3本センター出しマフラー、アグレッシブなディフューザー、エアスクープなどが予想されるという。

パワートレイン

エンジンは「S2000」の名を踏襲した直列4気筒2.0L VTECターボ最高出力を350ps以上、駆動方式はFRのパワートレイン、カーボンファイバー製を多用した軽量化ボディを採用した「ベイビーNSX」となることが期待できるという情報が入ってきています。

発表時期

MOBY編集部に入った情報では「デビュー時期までの情報に辿り着いていない。登場を信じて待ちたい。」とのことでした。

確度の低いスクープ情報ではありますが、極秘にホンダが開発していない、とは言い切れないのではないでしょうか?

ホンダ S2000とは?

ホンダ S2000
フロント

ホンダ S2000は、ホンダ設立50周年を記念した1998年のデビュー。ホンダとしては実に29年ぶりのFR車でした。

エンジンは車名の由来となった直列4気筒2.0L DOHC VTEC NA(自然吸気)、最高出力250psのスペック「F20型」でデビューしました。実によく回る高回転型エンジンでしたが、低速走行時のトルク不足が不評だったため、後期型は排気量200ccアップしたエンジン「F22型」に改められました。2.2Lエンジンとなって最高出力は8psダウンしましたが、持ち味の良さは変わらず。車名も「S2200」にはならず「S2000」のままで発売されました。

生産終了後10年を経た今日でもS2000の高い評価は変わらず、中古車市場でも高値のままとなっています。

※ホンダの新型車デビュー予想、スクープはこちらの記事でまとめてご覧ください。

すべての画像を見る (2枚)

画像ギャラリー

関連する記事

この記事の執筆者
MOBY新型車スクープ&予想チーム

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!