MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > ホンダの新型電動SUV「プロローグ」が公式動画に映り込む!外観をチラ見せ
ホンダ

更新

ホンダの新型電動SUV「プロローグ」が公式動画に映り込む!外観をチラ見せ

公式動画に製作途中のプロローグが映り込む

ホンダの北米部門が2022年7月28日に公開した動画にて、同社とGMが共同開発を進めている新型電動SUV「プロローグ」が映り込みました。

動画の内容はホンダデザインにてプロローグの設計や制作の様子や、デザインに携わるチームメンバーの方々へのインタビューなど。動画の最後には以前公開されたプロローグのティザーイラストが描かれる様子も確認できます。

ホンダ初となるVR技術などを用いた設計

プロローグの粘土モックアップを制作している風景

ホンダで4年間エクステリアデザインを担当したアン・サンヒョク氏は「ホンダ初の電気自動車のデザインは、内燃機関搭載車よりも自由度が高く、特にフロントエンドのスタイリングで想像力を膨らませることができた」「プロローグのボディ形状はロングホイールベースかつショートオーバーハングを採用し、スポーティなプロポーションと力強いスタンスをイメージ」と語ります。

さらにプロローグは、ホンダで初めてVR技術などを用いてデザインされたモデルとのこと。

ホンダデザインのVR・CGデザイナーであるマルコ・タン氏は「バーチャルな3D環境で色や素材、照明までシミュレーションして評価することで、スタイリングをより高い次元に引き上げる可能性を追求できた」と語りました。

Honda e

なお、プロローグのフロントデザインには、2019年に発売した電気自動車「Honda e」からインスパイアを受けている部分が大きいといいます。

今後数ヶ月のうちに詳細を発表予定

プロローグの詳細は今後数ヶ月以内に発表されるとのこと。

北米に今後のスケジュールとしては2024年にプロローグの販売、2026年に「ホンダ e:アーキテクチャー」をベースとしたホンダ車の生産・販売をそれぞれ開始すると伝えています。また、2027年にはプロローグ同様にGMと共同開発した低価格の新シリーズEVの生産・販売を開始するようです。

日本では2024年前半に100万円台の商用軽EVを発表する予定。その後、乗用軽EVや電動SUVといったモデルが随時投入されることが明らかになっています。この電動SUVがGMと共同開発したモデルを指している可能性もあるでしょう。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの最新情報はこちら

遂に世界初公開!新型シビックタイプRのデザイン発表

「ホンダがエンジンをやめるなんて…」2040年までにガソリン車は販売終了

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

現行アルファード受注終了!次期型は来年5月登場が濃厚に

スズキがインドで開発中のジムニーシエラ5ドアをスクープ!

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード