MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > NSX > NSXタイプR復活か?ハイパフォーマンスモデルらしきテストカー見つかる
NSX

更新

NSXタイプR復活か?ハイパフォーマンスモデルらしきテストカー見つかる

カモフラージュ車両がInstagramに投稿される

Instagramに、ホンダのフラッグシップスポーツカー「NSX」のテストカーが撮影された写真が投稿されました。

前後にカモフラージュが施されたこのテストカーは、NSXのハイパフォーマンスモデル登場を期待されるものとなっています。

ハイパフォーマンスモデルの「NSXタイプR」が登場?

ホンダ シビックタイプR

ホンダのハイパフォーマンスモデルといえば、シビックタイプRのように赤いホンダエンブレムをつけた「タイプR」が思い浮かばれます。

初代NSXにも、サーキット走行での速さを追求した「NSXタイプR(のちにNSX-Rとなる)」が存在していました。

今回目撃されたテストカーは、車体の前後にのみカモフラージュが施されていますが、NSXの通常モデルよりも大型なリアディフューザーを備えるなど空力性能の向上が図られているように見えます。

このことから、よりパフォーマンスを高めたモデル、NSXタイプRとして開発を進められていると期待するファンも多いでしょう。

スポーティさを高めた「NSXタイプS」に?

初代 NSX

初代NSXのタイプRは軽量化のためにエアコンやパワーステアリングなどを排除したスパルタンなモデルでしたが、通常モデルよりも軽量化しつつ快適性はそのままとした「タイプS」も存在していました。

目撃されたテストカーはインテリアのセンターコンソールに大型のディスプレイが確認できます。

サーキット走行を前提とするのであれば大型のディスプレイを装備するのは軽量化の観点で見ると重量増となりそうです。

そうなると、スパルタンなモデルのタイプRではなく、スポーティさと快適性を兼ね備えたタイプSとなる可能性の方が高いのではないでしょうか。

マイナーチェンジ後の姿?日本導入はあるか

ホンダ NSX

しかし、スポーツカーファンとしてはタイプR、タイプSの登場に期待したいところではありますが、実際のところはマイナーチェンジ後のモデルである可能性がもっとも有力です。

NSXは2016年に登場し、2022年で6年目のモデルイヤーを迎えます。これまで改良はおこなわれていたものの、大きな変更はないままとなっていました。

そのため、今回目撃されたテストカーは初めて内外装に大きな変更を加えたマイナーチェンジ後のNSXであると考えられます。

日本では2021年モデルは販売なし

日本のホンダ公式サイトでは、2021年8月現在においても「(NSXの)2020年モデルの販売は終了いたしました。」と表示されており、日本には2021年モデルが導入されていません。

マイナーチェンジをおこなったあとのNSX 2022年モデルは、日本でも発売されるのでしょうか。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (3枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード