MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > インテグラ > アキュラのインテグラは「タイプS」が標準に?DC5同様の展開になるか
インテグラ

更新

アキュラのインテグラは「タイプS」が標準に?DC5同様の展開になるか

ホンダが「インテグラ タイプS」の商標を登録!

インテグラの商標
出典:米国特許庁
インテグラ タイプSの商標
出典:米国特許庁

2021年8月20日、ホンダが米国特許庁にて「INTEGRA」と「INTEGRA TYPE S」の商標を登録していたことが判明しました。

「TYPE S」はホンダの高級ブランド「アキュラ」が2021年5月に発表した新型TLXで、約13年ぶりに復活させた上位グレードの名称。

TLX以外にもNSXとMDXの2車種にも設定されていて、仮にインテグラにも用いられた場合、アキュラブランドがTYPE Sを復活させてから4車種目となります。

DC5型インテグラではタイプSが標準グレード

DC5型インテグラ タイプS(2004年)

かつて販売されていたインテグラの最終モデルは、日本ではタイプSとタイプRという2グレード構成でした。

タイプSは従来の通常グレード「iS」に変わり2004年のマイナーチェンジで新設された「Everyday Sports」をコンセプトとしたグレードです。しかし、インテグラはこの3年後、2007年に生産を終了したため、実質3年間しか存在しませんでした。

DC5型インテグラ タイプR(2004年)

タイプSの上位グレードに相当する「タイプR」は、「Racing Sports」をコンセプトとし、サーキット走行の性能を重視しています。専用ホイールやリアウイングなどを採用したスポーティなモデルでした。

最新「インテグラ」中古車情報
本日の在庫数 75台
平均価格 100万円
本体価格 30~498万円

新型インテグラはタイプSが標準グレードに?

中国で発表された「新型インテグラ」

実はこのタイプSですが、アキュラ版インテグラの標準グレードである可能性があります。

広汽ホンダその根拠としては2つあり、1つ目は中国版インテグラの存在があります。2021年9月8日、ホンダの中国ブランド「広汽ホンダ」から登場すると見られる新型インテグラのカタログ画像がリークされています。

そのため、どちらも「インテグラ」だとブランド間で車名が重複してしまうので、差別化を図る意味でも標準グレードをタイプSとすると考えられます。

”最後のNSX”として8月30日に発表されたNSX タイプS

2つ目は8月30日に発表されたNSXも、タイプSのみの設定だったことです。NSXにはタイプSの下位に相当するグレードがなく、タイプSのみのモノグレードとなっています。そのため、新型インテグラが同様にタイプSしかなかったとしても不思議ではありません。

ワールドプレミアは2022年春

アキュラの公式ツイートやウェブサイト上では「Spring 2022」と記載されているため、新型インテグラのワールドプレミアは2022年春になると見られています。

タイプRに関してはまだ不明ですが、発売するのであればタイプSよりも遅れての登場となりそうです。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの新型車情報はこちら

その他の最新情報

トヨタのフラッグシップミニバンもフルモデルチェンジ間近?

日産の大人気ミニバンがフルモデルチェンジ間近?

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

マツダの大本命!最も売れたマツダのSUV、CX-5のモデルチェンジは近い?

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード