MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > 2021年に発売した注目の新型車【ホンダ編】
ホンダ

更新

2021年に発売した注目の新型車【ホンダ編】

歴史ある車種が続々と生産終了…

「最後のNSX」として登場したNSX タイプS

2021年のホンダは、新型車よりも現行車の生産終了が話題になった年だったのではないでしょうか。

最新機能を先立って投入することで有名な高級セダン「レジェンド」や、ミニバンブームの火付け役となった「オデッセイ」、軽スポーツの「S660」など、長年販売されてきた車種が続々と廃止されました。

とはいえホンダは以前、本来ならばバトンタッチする形で新型車を投入したかったが間に合っていない、という旨の発言をしているため、悲観的になるよりは今後どのように巻き返していくかに期待が高まります。

2021年に発売した注目車種

ヴェゼル

まずは2021年4月に発表されたヴェゼル。

先代となる初代は2013年のデビュー以降を大ヒットを果たし、2019年には国産SUVの年間販売台数1位を達成した実績もある人気車種です。そんな売れっ子の新型というだけあって、かなり注目されていました。

2代目となる新型では、大胆なイメチェンによって都会的な雰囲気に変貌。ボディと同色のグリルや横一文字のテールランプなど、今どきなデザインを多数採用しています。

2021年4月から9月の新車販売台数(自販連調べ)によると、ヴェゼルは登録車全体で11位と絶好調。ホンダで一番売れている普通車として活躍しています。

シビックハッチバック

新型シビックハッチバックは2021年9月に日本発売しました。

シビックは初代が1972年に登場して以降、50年以上も大衆車の代名詞として愛されている車種で、今回登場したモデルで11代目になります。

現時点ではガソリンモデルのみの設定ですが、2022年にはハイブリッドモデルの「e:HEV」やハイパフォーマンスモデルの「タイプR」などの発売も予定されています。2021年だけでなく、2022年も引き続き注目の車種です。

2022年に登場する注目車種

新型シビック タイプRの開発車両

まずは先程紹介した新型シビックのハイパフォーマンスモデル「タイプR」です。こちらは東京オートサロンでプロトタイプが発表予定。

タイプRはホンダのスポーツ車を象徴するグレード名なのですが、ガソリン車でこの名称が用いられるのがこの次期型シビックタイプRで最後になるのではないかと言われています。

車種そのものの魅力が高いのはもちろんのこと、タイプRの歴史的な側面でも注目が集まっています。

画像提供:masaya5367様

続いてステップワゴンの次期型モデル。オデッセイが廃止された今、ホンダのミニバンはこのステップワゴンとフリードの2車種となりました。

2022年1月7日に公式サイト上でデザイン等詳細が公開される見込み。シビックタイプRのプロトタイプとともに東京オートサロンにて展示されます。ちなみに最大のライバルであるトヨタのノア・ヴォクシーも同月に発表。両者の勝負の行方がどうなるかは必見です。

2022年に発売すると予想される各メーカーの注目車種はこちらの記事でお伝えしています。

国内外メーカーの新型車情報はこちらから

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード