MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > 新たな電動パワートレインの伏線?ホンダが「e:」の商標を出願
ホンダ

更新

新たな電動パワートレインの伏線?ホンダが「e:」の商標を出願

ホンダが「e:」の商標を出願

ホンダが出願した商標

2022年6月7日、ホンダがエンブレムの商標を日本国特許庁に出願していたことが明らかになりました。

出願された商標はこのエンブレムの左部分

この商標はホンダのハイブリッド「e:HEV」や、次期型CR-Vに設定予定のプラグインハイブリッド「e:PHEV」などのエンブレムの一部です。

BEVにも使用される可能性アリ?

Honda e: TECHNOLOGYのロゴ

このロゴが初めて登場したのは2019年に発表された「Honda e: TECHNOLOGY」から。「e:」の由来に付いてホンダは「“electric(電気)”を“energy(原動力)”にし、人々の笑顔と元気を力強く“energize(活気づける)”していきたい、という想いを込めています」と伝えています。

つまり、「e:」にはかねてより電気自動車を視野に入れた意味が込められているのです。

単にHEVとPHEVで共通する部分を商標出願しただけというのも考えられますが、今後投入される電気自動車に関係する可能性も予想されます。

新型BEVの車名エンブレムに使われる?

中国で発売された電気自動車「e:NS1」の実車
中国で発売された電気自動車「e:NP1」の実車

根拠として、ホンダは中国と欧州を中心に「e:NS1」「e:NP1」「e:Ny1(プロトタイプ)」といった車名のBEVを発表しています。

e:Nシリーズのロゴ

ただし、これらの車種は「e:N」シリーズとして発売される予定で、冒頭のようなエンブレムを用いておらず、eのフォントも異なります。

今後日本でe:Nシリーズとは別に「e:◯」などのBEVシリーズが登場した場合、もしかしたらこのバッジが組み合わされるかもしれません。

搭載されるとしたらコレ?フィットEVが復活か!

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの最新情報はこちら

北米発表の新型HR-V、日本では「ZR-V」としてデビューが決定

「ホンダがエンジンをやめるなんて…」2040年までにガソリン車は販売終了

その他国産メーカーの新型車情報はこちら

ゲームチェンジャーとなるか?日産の新型軽EV「サクラ」がついに発売へ

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード