MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > ホンダラインナップに激震! 3車種を廃止&5車種を改良、シビックSUVを投入?
ホンダ

更新

ホンダラインナップに激震! 3車種を廃止&5車種を改良、シビックSUVを投入?

ホンダ全体の新情報を入手!

ホンダディーラーの営業担当の方によると、先日神奈川県の横浜市にて、ホンダが新作発表会のようなものを開催したとのこと。

その際、生産を終了するモデルや今後投入するモデルについて言及したようです。

今回入手した情報を、「生産終了」・「モデルチェンジ」・「新型車」の順にお伝えします。

ホンダが中国向けに次世代EVシリーズを発表、ヴェゼルベース「e:NS1」登場

現行で生産終了する3車種

現行で生産終了するという3車種

以下の3車種はなんと、現行モデルで生産を終了するようです。

  • シャトル
  • CR-V
  • インサイト

シャトル:人気低迷による撤退か

コンパクトステーションワゴンのシャトルは、2015年にフィットのワゴンモデルが独立したモデル。

ステーションワゴン自体もとから市場規模が小さい上、スバル レヴォーグやトヨタ カローラツーリングといった強力なライバルが存在するため、競争が難しくなったのではないでしょうか。

CR-V:先代と同じく海外専売に?

今回の3車種の中でCR-Vは特に驚き。2021年に次期型モデルと思われる開発車両が目撃されていたので、日本でもモデルチェンジすると考えられていました。

北米市場でのセールスはかなり好調なので、4代目後期型のように再び海外専売車となることが予想されます。

インサイト:セダン不況の影響と予想

インサイトはハイブリット専用セダン。初代は3ドアクーペスタイルで登場し、2代目以降は現在の形状として落ち着きました。

SUVミニバンの人気が爆発的に高まっているのに対し、今やセダンは「売れない車」になっています。そもそもホンダの最上級セダン「レジェンド」の生産終了が発表された時点で、インサイトの運命は決まっていたのかもしれません。

モデルチェンジを控える5車種

シビック タイプRの最新ティザー画像

まず最初に廃止されるモデルの情報からお伝えしましたが、もちろんモデルチェンジや新型のデビューを控える車種も多数。

今回得られた情報では、そういった車種は以下の5車種です。

  • シビックハッチバック(グレード追加)
  • シビック タイプR(フルモデルチェンジ)
  • フリード(マイナーチェンジ)
  • N-WGN(マイナーチェンジ)
  • フィット(グレード追加)

シビック ハッチバック

シビック ハッチバックは世界初公開時に言及されていたハイブリッド「e:HEV」の追加が実施される見込み。

投入時期は「春先」とのみ伝えられたようです。

ホンダ次期新型シビックに関する最新リーク情報すべて┃タイプRのスクープ多数!

シビック タイプR

ハッチバックをベースとするハイパフォーマンスモデル。

すでに何度か公式ティザーが発表されている上、ニュルブルクリンクでテスト走行を実施している様子もスクープされています。

デビューは秋頃になるとのことですが、これまでの流れを見ると、もう少し早くても良さそうな気がします。

【画像21枚】ホンダ 新型シビックタイプR、プロトタイプを鈴鹿でテスト

フリード

2022年度内とだけ明かされたフリードのマイナーチェンジ。具体的な内容は不明ですが、特別仕様車「ブラックスタイル」が追加されるようです。

N-WGN

Nシリーズの中では最も新しいハイトワゴン。グリルデザインが少し変更されると言います。N-BOXにのみ備えられているスライドドアの採用にも期待。

フィット

スポーティなグレード「RS」が追加されるとのこと。マニュアル仕様の設定は未定のようです。

新型車として「シビックSUV」登場?

シビックSUVと見られる開発車両
引用元:burlappcar.com

完全な新型車としては、ヴェゼルとCR-Vの中間サイズとなるSUVが2022年内にデビューするとのこと。

このサイズだと、2021年11月にインドネシアで発表された「SUV RSコンセプト」はヴェゼルよりも小さいので当てはまりません。

そこで思い浮かぶのは、以前お伝えしたシビックのプラットフォームを使用した通称「シビックSUV」の存在。シビックSUVのボディはヴェゼル以上CR-V以下というドンピシャなサイズ。

仮にシビックSUVとなれば、2022年9月の登場が予想されます。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

ホンダの新型車情報はこちらから

その他の最新情報

ノアヴォクに対抗心メラメラ!次期型ステップワゴンのティザーが公開

日本一売れている軽自動車「N-BOX」に電動パーキング搭載

ついに右ハンドル仕様も目撃!ジムニーロングのスクープまとめ

「実質200万円以下のEV」日産&三菱共同開発の軽EVが2022年初頭に登場

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード