MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > フィット > ホンダ新型フィット 東京モーターショー2019で世界初公開!
新型車・モデルチェンジ

更新

ホンダ新型フィット 東京モーターショー2019で世界初公開!

ホンダ 新型フィットが東京モーターショーで世界初公開

ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019
東京モーターショー2019で発表されたホンダ 新型フィット
ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019
ホンダ 新型フィット ベーシック 東京モーターショー2019
ホンダ 新型フィット ベーシック

2019年10月23日、ホンダ新型フィットが東京モーターショー2019年で世界初公開されました。発売は2020年2月を予定しているとのことです。

6年ぶりのフルモデルチェンジとなるホンダ フィットは今回4代目になりました。

ワイドで優れた視認性

ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019 コックピット

新型フィットには5つのタイプが設定

ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019
ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019

新型フィットは、ドライバーのライフスタイルに合わせた下記の5タイプが設定されています。

・BASIC(ベーシック)
名前の通り最も基本的なタイプでシンプルなデザイン。

・HOME(ホーム)
本革ステアリングやプライムスムースのソフトパッドなど質感の高い空間を意識したスタイル。

・NESS(ネス)
シートとインパネソフトパッドに撥水性の高い表皮を使用し、明るいカラーリングが設定されたスタイル。

・CROSSTER(クロスター)
クロスオーバーを意識した専用の外装デザインと大径タイヤを採用。シートとインパネソフトパッドにはNESSと同じ撥水性の高い素材を使用しています。

・LUXE(リュクス)
最もラグジュアリーなモデル。専用本革シートやプラチナ調クロームメッキや専用16インチアルミホイールを採用しています。

上級セダンへの搭載を見据えたシート

ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019 運転席
ホンダ 新型フィット 東京モーターショー2019 後部座席

フロントには上級セダンへの搭載を見据えた新開発の新世代「ボディースタビライジングシート」が採用されています。

ドライバーを保持する面支持構造にすることで長時間の運転でも疲れにくく、柔らかい座り心地になっているとのことです。

ホンダのコンパクトカー初!2モーターハイブリッドシステムを搭載

新型フィットのハイブリッドモデルにはホンダのコンパクトカー初となる2モーターハイブリッドシステムが搭載され、「e:HEV(イーエイチイーブイ)」の名称で展開されます。これにより、さらなる低燃費&高性能が期待できます。

スペックの詳細はまだ不明ですが、1.3Lガソリンエンジンと1.5Lハイブリッドエンジンを搭載、トランスミッションはガソリンモデルが従来のCVT、ハイブリッドモデルが新開発の「e-CVT」を採用すると予想されます。

搭載されるホンダセンシングに広角カメラが追加

新型フィットに搭載される安全運転支援システム「ホンダセンシング」に、前方を広角に検知することができるフロントワイドビューカメラを新たに採用しました。

さらにホンダ初となる近距離衝突軽減ブレーキを追加し、全タイプで標準装備されます。

新サービス「ホンダ コネクト」を日本初搭載

新型フィットから「HONDA TOTAL CAREプレミアム(ホンダトータルケアプレミアム)」というオプションサービスが新たに開始されます。

本サービスでは日本初搭載となるホンダ車専用の車載通信機器「ホンダコネクト」を使用します。

主な機能としてスマートフォンによるリモート操作や緊急時のトラブルサポートのほか、異常を検知するとガードマンを派遣できる「HONDA ALSOK駆けつけサービス」などが提供されます。

現行の3代目フィット

ホンダ フィット2019
3代目フィット

ホンダ フィットは優れた走行性能と低燃費の両立を実現したコンパクトカー。2007年と2013年に計2度のフルモデルチェンジを遂げており、現行は3代目。底床レイアウトにより、小型のボディサイズの割に広い室内が特徴的です。

現行型は1.3Lと直噴1.5Lのガソリンモデル、1.5Lハイブリッドの3つ。JC08モード燃費は最大で37.2km/Lと、実用性に優れています。

【ホンダ フィット総まとめ】初代から現行3代目までと新型予想・中古車価格

【東京モーターショー・コンパニオン2019】全メーカー108人撮り下ろし!超速報

スマートニュース、LINEニュースなどのアプリでは、リンクやYouTubeなどの表示がされませんので、この下にあるオリジナルサイトへのリンクからご覧ください。

この記事の執筆者
MOBY編集部