MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > フィット > ホンダ新型フィット発売開始!価格・装備など旧型と徹底比較
フィット

更新

ホンダ新型フィット発売開始!価格・装備など旧型と徹底比較

2020年2月14日から発売

新型フィット
新型フィット

ホンダは、新型フィットの販売を2月14日から開始しました。基本的なコンセプトは、「4つの心地よさ」の追求です。歴代のフィットを継承しながらも、日本人好みの数値にでてこない価値を高めて新登場しています。新型では、2モーターハイブリッドシステム搭載のe:HEVモデルも登場し、安全装備では、ホンダセンシングとホンダコネクト(新世代技術)も採用されています。

5つのタイプ:内外装比較

BASIC(ベーシック)

BASIC(ベーシック)フロント
BASIC(ベーシック)フロント
 BASIC(ベーシック)内装(ハンドル周り~インパネ)
BASIC(ベーシック)内装(ハンドル周り~インパネ)
BASIC(ベーシック)内装(フロントシート)
BASIC(ベーシック)内装(フロントシート)

シンプルでスッキリとしたエクステリアのベーシックは、親しみを感じさせるディテールに仕上げています。ベーシックだけではなく、残りの4モデルも旧型モデルのディテールとは大きく変わり、親しみやすさを全面に打ち出しています。旧型では、かなりアグレッシブなデザインであったのに対し、新型では、柔らかい印象の中に直線を強調し、心地よさを表現しています。

リアビューは、落ち着きのあるデザインとし、テールランプが両サイドに横デザインでインストールされています。フロントからリアまでシンプルでスッキリした印象です。旧型とは違い、プレスラインを減らし、水平基調を強めにしていることで、より親しみやすい印象に大きく変化しています。ボディサイズは全長3995×全幅1695×全高1515〜1565mmです。水平基調で直線的なデザインにすることで、スッキリ、シンプルな車内空間に仕立てられています。フロントピラーを極細にすることで、視界をスッキリ爽快にしています。ワイパーもインパネのところで見えなくすることで、さらにスッキリした仕様です。

エクステリアカラーには以下が用意されています。

  • プレミアムサンライトホワイト・パール
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • ルナシルバー・メタリック
  • シャイニンググレー・メタリック
  • エアライトブルー・メタリック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • プレミアムグラマラスブロンズ・パール

シートカラーには、ブラックとソフトグレーが採用されています。素材は、ファブリックです。主要装備は以下となります。

  • Honda SENSING
  • フルLEDヘッドライト(デイタイムランニングランプ付)
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)
  • フルオート・エアコンディショナー
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド機能

HOME(ホーム)

HOME(ホーム)フロント
HOME(ホーム)フロント
HOME(ホーム)内装(ハンドル周り~インパネ)
HOME(ホーム)内装(ハンドル周り~インパネ)
HOME(ホーム)内装(フロントシート)

HOME(ホーム)内装(フロントシート)

シンプルさを追求することで、飽きの来ないデザインに仕上げ、ツートーンカラーを用意することで、ユーザーの個性を引き出せるエクステリアが、ホーム最大の特徴です。ソフトグレー、またはブラックのコンビシートが採用されています。ホームという名称にあわせ、仕事、育児など生活の中でリラックスできるように内装を仕上げています。シンプル+上質をプラスしたのがホームです。ツートーンカラーで、ユーザーの個性を主張しやすく仕上げています。

エクステリアカラーは以下が用意されています。

  • プレミアムサンライトホワイト・パールorブラックルーフ仕様
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリックorブラックルーフ仕様
  • プラチナホワイト・パールorブラックルーフ仕様
  • ルナシルバー・メタリックorブラックルーフ仕様
  • シャイニンググレー・メタリックorブラックルーフ仕様
  • エアライトブルー・メタリックorブラックルーフ仕様
  • ミッドナイトブルービーム・メタリックorシルバールーフ仕様
  • クリスタルブラック・パールorシルバールーフ仕様
  • プレミアムグラマラスブロンズ・パールorシルバールーフ仕様

フロントシートには、人の骨格を研究したボディースタビライジング技術が投入されています。背中とお尻をしっかり支え、包み込むようなシートです。

主要装備は以下となります。

  • コンビシート(プライムスムース×ナチュラルテキスタイル)
  • フルLEDヘッドライト(デイタイムランニングランプ付)
  • ソフトパッド(プライムスムース)
  • 本革巻ステアリングホイール
  • Honda SENSING
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)
  • フルオート・エアコンディショナー
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド機能
  • クロームメッキ・フロントグリルモールディング

NESS(ネス)

NESS(ネス)フロント
NESS(ネス)フロント
NESS(ネス)内装(ハンドル周り~インパネ)
NESS(ネス)内装(ハンドル周り~インパネ)
NESS(ネス)内装(フロントシート)
NESS(ネス)内装(フロントシート)

毎日がアクティブになるように、ツートーンルーフカラーにライムグリーンが用意されています。フロントバンパー両サイドにもアクティブを印象つけるフォグライトが装備されています。

エクステリアカラーには以下が用意されています。

  • プレミアムサンライトホワイト・パールorブラックルーフ仕様orライムグリーンルーフ仕様
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • プラチナホワイト・パールorブラックルーフ仕様orライムグリーンルーフ仕様
  • ルナシルバー・メタリックorライムグリーンルーフ仕様
  • シャイニンググレー・メタリックorライムグリーンルーフ仕様
  • エアライトブルー・メタリック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック
  • クリスタルブラック・パールorライムグリーンルーフ仕様
  • プレミアムグラマラスブロンズ・パール

サイドビューでは、アンダーラインとしてルーフカラー同様のライムグリーンがあしらわれています。こういったアクセントもアクティブに魅せるパーツです。

主要装備には以下が採用されています。

  • フルオート・エアコンディショナー(プラズマクラスター技術搭載)
  • 撥水ファブリックシート(ブラック×ライムグリーン、ブラック×グレー)
  • ソフトパッド(撥水ファブリック)

内装では以下も標準装備されています。

  • Honda SENSING
  • フルLEDヘッドライト(デイタイムランニングランプ付)
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド機能
  • 16インチアルミホイール

CROSSTAR(クロススター)

CROSSTAR(クロススター)フロント
CROSSTAR(クロススター)フロント
CROSSTAR(クロススター)内装(ハンドル周り~インパネ)
CROSSTAR(クロススター)内装(ハンドル周り~インパネ)
CROSSTAR(クロススター)内装(フロントシート)
CROSSTAR(クロススター)内装(フロントシート)

専用エクステリアを装備することで、アウトドアから街中まで映えるディテールに仕上げています。アウトドア感を全面に打ち出す、ルーフレールが装備され、SUVのようなフェンダーモールやサイドシルモールが装備されています。モール類の装備によって、ボディサイズは、全長4090×全幅1725×全高1545〜1575mmとなり、他タイプと違い3ナンバーサイズになります。

エクステリアカラーには、以下が用意されています。

  • プレミアムサンライトホワイト・パールorブラックルーフ仕様
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリックorブラックルーフ仕様
  • プラチナホワイト・パールorブラックルーフ仕様
  • ルナシルバー・メタリックorブラックルーフ仕様
  • シャイニンググレー・メタリックorブラックルーフ仕様
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック
  • クリスタルブラック・パールorブラックルーフ仕様
  • サーフブルーorブラックルーフ仕様

シートには、ブラック×グレーの発しファブリックシートが採用されています。内装では、かばんや上着がすぐ手の届く位置に置け、リアシートでもスマホの充電ができたり、ドリンクホルダーの使い勝手がよかったり、乗っている人の心地よいがアップされています。

主要装備は、以下となります。

  • CROSSTAR専用(フロントグリル、フロントバンパー)
  • CROSSTAR専用(リアバンパー)
  • CROSSTAR専用(ホイールアーチプロテクター、サイドシルガーニッシュ、ドアロアーガーニッシュ)
  • Honda SENSING
  • フルLEDヘッドライト(デイタイムランニングランプ付)
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)
  • フルオート・エアコンディショナー
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド機能
  • CROSSTAR専用デザイン16インチアルミホイール
  • 撥水ファブリックシート
  • ソフトパッド(撥水ファブリック)
  • ルーフレール

LUXE(リュクス)

LUXE(リュクス)フロント
LUXE(リュクス)フロント
LUXE(リュクス)内装(ハンドル周り~インパネ)
LUXE(リュクス)内装(ハンドル周り~インパネ)
LUXE(リュクス)内装(フロントシート)
LUXE(リュクス)内装(フロントシート)

洗練+上質を加え、スタイリッシュに仕上げています。各部にメッキ装飾を施したりすることで、ワンランク上の新型フィットを作り上げています。エンジンユニットモデルだけでなく、2モーターハイブリッドシステムによる、さらなる心地よいドライビングか可能になったのが、新型フィットです。

エクステリアカラーには以下が用意されています。

  • プレミアムサンライトホワイト・パール
  • プレミアムクリスタルレッド・メタリック
  • プラチナホワイト・パール
  • ルナシルバー・メタリック
  • シャイニンググレー・メタリック
  • エアライトブルー・メタリック
  • ミッドナイトブルービーム・メタリック
  • クリスタルブラック・パール
  • プレミアムグラマラスブロンズ・パール

内装では、ブラウンまたはブラックの本皮シートが装備されたことによって、他のモデルとは違うワンランク上の上質な空間と、快適なドライビングを可能にしています。

主要装備は以下となります。

  • 本革シート
  • 本革巻ステアリングホイール
  • LUXE専用デザイン16インチアルミホイール
  • プラチナ調クロームメッキ・ドアミラー
  • Honda SENSING
  • フルLEDヘッドライト(デイタイムランニングランプ付)
  • 前席用i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム(前席/後席対応)
  • フルオート・エアコンディショナー
  • 電子制御パーキングブレーキ
  • オートブレーキホールド機能
  • ソフトパッド(プライムスムース)
  • プラチナ調クロームメッキ・フロントグリルモールディング
  • プラチナ調クロームメッキ・ドアロアーガーニッシュ
  • アームレスト付センターコンソールボックス+ワイヤレス充電器

旧型のデザイン

S Honda SENSING(FF)フロント
S Honda SENSING(FF)フロント
S Honda SENSING(FF)内装(ハンドル周り~インパネ)
S Honda SENSING(FF)内装(ハンドル周り~インパネ)
S Honda SENSING(FF)内装(フロントシート)
S Honda SENSING(FF)内装(フロントシート)

先代(旧型)のデザインは、アグレッシブな雰囲気を持たせたディテールになっています。ホンダのシグネイチャーデザインであるフライングウィングを採用しています。新型では、エクステリアデザインが大きく変わって、アグレッシブさから心地よさをメインコンセプトに仕上げられ、車の印象が大きく変わりました。サイドでは、ドアノブ付近に比較的エッジの効いたプレスラインが刻まれていて、リアでも立体的な印象のディテールになっています。特にテールランプは、縦に長く模様のようなデザインとすることで、リア部分をさらに強調されています。

もともとフィットは、センタータンクレイアウトなどによって、クラストップレベルの車内空間が魅力となっています。旧型のインパネデザイン等も、シンプルでスッキリとした印象をモチーフにデザインされていますが、新型になって、このスッキリした雰囲気がさらに増しています。新型でも車内空間の広さは継承され、さらに広く仕上がっているだけでなく、心地よさをアップさせるための工夫が随所に施されています。

内装は上質な空間を作り上げることで、大人の雰囲気を出したり、旧型でもブラック×ブラウンの皮シートなどが採用されていました。新型では、タイプごとにシートの仕様を変更させることで、タイプに特徴をもたせつつ、心地よい空間を作り上げています。

「e:HEV」ハイブリッドと1.3Lガソリンのスペック・燃費比較

e:HEV(ハイブリッド)1.3L i-VTECガソリン
最高出力98ps/rpm+109ps/rpm(M)98ps/rpm
最大トルク13kgf・m+25.8kgf・m(M)12kgf・m
トランスミッション電気式無段変速機CVT
WLTCモード燃費29.4km/L20.4km/L
∟市街地モード30.2km/L15.6km/L
∟郊外モード32.4km/L21.2km/L
∟高速道路モード27.4km/L22.9km/L

「e:HEV」ハイブリッドの特徴

新搭載された2つのモーター(走行用と充電用)にて、通常ドライブのほとんどをモーターで走行します。モーター+エンジン(ハイブリッド)やエンジンのみの走行が適している時には、適切なパワートレインモードに切り替わることで、走行性能と燃費の高効率を備えたシステムです。

1.3L i-VTECの特徴

1.3L アトキンソンサイクルDOHC i‐VTECエンジンを搭載しています。熱効率に優れ燃費向上に大きく貢献し、i-VTECを採用することで効率的に吸気バルブの開閉ができ、高回転までキビキビ回るエンジンとなっています。

新型・旧型【燃費比較】

エンジン駆動方式旧型新型
ハイブリッド2WD(FF)37.2㎞/L38.6㎞/L
4WD29.4㎞/L30.8㎞/L
ガソリン2WD(FF)24.2㎞/L
4WD20.2㎞/L

新型と旧型モデルで、燃費はどの位アップデートしているかを検証します。結論から言うと、ハイブリッドモデルは、新採用の2モーター式の採用で、燃費アップ、エンジンユニットモデルは、同等燃費という結果になっています。

新型・旧型【装備・先進安全技術比較】

装備

新型の標準装備の違いは、5モデルのラインナップに応じて、追加の標準化及びモデルの方向性で装備が増えています。結論から言うと旧型でも同じように装備内容の変化をもたせていますので、基本的な装備の方向性は、新型・旧型で同じような構成に仕上げています。これは、フィットのユーザーがわかりやすく新型をチョイスできるようにと、ホンダが考えているからです。

新型

ベーシック(ベースモデル)→ホーム(上質プラス)→ネス(アクティブプラス)→クロススター(アウトドアプラス)→リュクス(ワンランク上の上質と洗練をプラス)

旧型

13G・F(ベースモデル)→13G・L(質感プラス)→13G・S(スポーティプラス)→15XL(上質プラス)→RS(スポーツ性能プラス)

※ハイブリッドモデルもほぼ同様のラインナップになっています。

この中で新型モデルのクロススターは、SUVテイストをかもし出した、ディテールの新しいモデルになっています。旧型では、純正オプションでクロススタイルというキットで販売されていました。

先進安全技術

衝突安全性能
衝突安全性能

新型では、全タイプにホンダセンシングが標準装備されています。旧型では、一部グレードでは、この装備が標準化されていないモデルがありました。またホンダセンシング自体にも新機能が追加されています。

フロントワイドビューカメラとフロント・リアのソナーセンサーを新採用したことで、上記の機能が追加になっています。

新型・旧型【価格比較】

新型フィット価格表

エンジンタイプ駆動方式税込新車価格
e:HEV
(ハイブリッド)
BASIC2WD(FF)1,997,600円
4WD2,195,600円
HOME2WD(FF)2,068,000円
4WD2,266,000円
NESS2WD(FF)2,227,500円
4WD2,425,500円
CROSSTER2WD(FF)2,288,000円
4WD2,486,000円
LUXE2WD(FF)2,327,600円
4WD2,536,600円
1.3L
ガソリン
BASIC2WD(FF)1,557,600円
4WD1,755,600円
HOME2WD(FF)1,718,200円
4WD1,916,200円
NESS2WD(FF)1,877,700円
4WD2,075,700円
CROSSTER2WD(FF)1,938,200円
4WD2,136,200円
LUXE2WD(FF)1,977,800円
4WD2,186,800円

旧型に比較していくら高くなった?

ベースグレードで比較すると、ハイブリッドモデルでFF・4WDともに、26万円ほどアップしています。全車標準でホンダセンシングが装備されたことと、ハイブリッドに新システムが採用されたことが理由です。エンジンモデルの場合は、ベースモデルの場合、FF・4WDともに10万円強のアップとなっています。こちらは、基本的なパワートレイン等の変更が行われていませんが、ホンダセンシングが標準装備になったことから、価格アップになっているでしょう。但し旧型では、RSモデルがあり、これは現時点で比較対象モデルは無いと考えます。

ガソリン、ハイブリッド、駆動方式それぞれでいくら高くなった、安くなったかを比較


旧型新型
FF(ガソリンモデル)1,455,300円~2,088,900円(RS)1,557,600円~1,977,800円
4WD(ガソリンモデル)1,653,300円~2,052,600円1,755,600円~2,186,800円
FF(ハイブリッドモデル)1,731,400円~2,282,500円1,997,600円~2,327,600円
4WD(ハイブリッドモデル)1,929,400円~2,411,200円2,195,600円~2,536,600円

旧型モデルのホンダセンシング装備とでの比較を行うと、上記のような10から26万といった価格差でなく数万円のアップをしていることから、極端な値上げといった印象ではないです。

金額の例は以下です。

  • 旧型13G・Lホンダセンシング FF 168万円→新型ホーム FF 181万円
  • 同4WDでは、188万円→191万円

ライバルは新型トヨタ・ヤリス!人気復活なるか?

トヨタ・ヤリス(プロトタイプ)
トヨタ・ヤリス(プロトタイプ)

ヤリス(日本名ヴィッツ)、初代からヨーロッパ等でも人気のモデルです。現在トヨタは、車種統合(例としては、マークX→カムリ)を行い、そしてヨーロッパで知名度の高い名称をそのまま日本にも適用させてきています。販売当初の日本名ヴィッツは、可愛らしさや使い勝手のよさ、価格などから大人気モデルになりました(ヨーロッパ名ヤリスも同様)。それから時が経ち、フィットの人気等により、販売数量が少しずつダウンし、トヨタは今回のフルモデルチェンジで大きな巻き返しを狙っていると考えられます。

1999年から販売開始されたヴィッツは、2019年までに215万台以上の販売台数を記録しています。対してフィットは、2001年からの販売開始で、275万台以上の販売となっています。フィットの販売数量が増えることで、ヴィッツの販売数量が減少したことがうかがえます。新型フィットの月間販売台数目標は、10,000台です。ヤリスは、7,800台。両モデルの今後の販売動向に注目です。

この記事の執筆者
MOBY編集部 ニュース記事制作チーム