MOBY(モビー)自動車はおもしろい!

MOBY[モビー] > メーカー・車種別 > ホンダ > NSX、オデッセイなど続々終了…今後のホンダ車ラインナップはどうなる?展開を予想
ホンダ

更新

NSX、オデッセイなど続々終了…今後のホンダ車ラインナップはどうなる?展開を予想

NSXやオデッセイ、レジェンドに生産終了のニュース

ホンダ NSX type S

ホンダは2022年12月でフラッグシップスポーツカーのNSXの生産を終了すると発表しました。

また、高級セダンのレジェンドやかつてミニバンブームを支えたオデッセイなど、ホンダの名門ブランドにも続々と生産終了のニュースが飛び込んできています。

これらが生産を終了したあと、ホンダのラインナップはどうなるのでしょうか?生産終了が発表された車種を抜いたラインナップを確認してみましょう。

ボディタイプで見るホンダのラインナップ

ボディタイプ車名車両価格(最安)
軽自動車N-VAN1,276,000円~
N-WGN1,298,000円~
N-BOX1,428,900円~
N-ONE1,599,400円~
コンパクトフィット1,557,600円~
Honda e4,510,000円~
ハッチバックシャトル1,808,400円~
シビック3,190,000円~
セダンインサイト3,355,000円~
アコード4,650,000円~
ミニバンフリード1,997,600円~
ステップワゴン2,714,800円~
SUVヴェゼル2,279,200円~
CR-V3,361,600円~

生産終了が発表されている車種を除くとホンダの現行ラインナップは全部で14車種です。

ボディタイプ別に見てみると軽自動車以外はすべて2車種ずつという展開になります。軽自動車も、N-BOXとN-VANは軽スーパーハイトワゴン、N-ONEとN-WGNは軽ハイトワゴンという分け方をすればこちらも2車種ずつに。

それぞれボディタイプごとに価格で差がつけられていることが分かりますね。

フィットよりも小さいコンパクトカー登場は?

ホンダ フィット

かつてはシティ、ロゴ、キャパなど様々なBセグメントに属する小型車をラインナップし、このクラスを強みとしていたホンダですが、現在はフィットと電気自動車のHonda eのみ。

フリードやヴェゼルといった、コンパクトカー並のサイズをもったクロスオーバー的なモデルはありますが、一般的なコンパクトカーが欲しい場合はフィット一択となります。

トヨタ パッソや日産 マーチのような、主力のコンパクトカーよりもさらに小さい乗用車など、ホンダが本来得意としていたコンパクトカーのバリエーションがこの先増えていくのか期待したいところです。

軽自動車はN-BOXが絶好調だが儲からないという話も

ホンダ N-BOX

いっぽう、軽自動車はN-BOXが好調です。プレミアムなN-ONEや実用性に特化したN-VANなど、Nシリーズはバリエーションも豊富。

N-BOXは軽自動車の中でも価格が高いものの、それでも他を寄せ付けない販売台数を誇っているため、ホンダの軽自動車は成功しているように見えます。

しかし、「N-BOXが売れても儲からない」という話も出ているため、N-BOXに代わるヒット商品が欲しいというところが本心かもしれません。

今後、ホンダは脱・N-BOXを図るのでしょうか。

セダン・ハッチバックのモデル追加は可能性低い

ホンダ 11代目シビックハッチバック フロント
ホンダ シビック

セダンおよびハッチバックのボディタイプではシャトルを除きすべて300万円以上に。

ハッチバックはシャトルとシビックの間に100万円以上差があるほか、セダンも同様に300万円以下の車種は展開がありませんが、昨今SUV人気の中でわざわざこの穴埋めとなるモデルを開発する可能性は低いでしょう。

レジェンドなきあとはアコードがフラッグシップセダンを担うことになりますが、アキュラが復活を発表したインテグラがホンダからも発売されるのかどうか、気になるところです。

オデッセイ生産終了の衝撃!エリシオン復活はあるのか?

ホンダ オデッセイ

低床低重心の「走りのミニバン」として一世を風靡したオデッセイが、2021年12月で生産終了するというニュースは大きな反響を生みました。

オデッセイのヒットを皮切りにステップワゴンやエリシオンといったミニバンも登場。「ミニバン屋」とも称されるほどミニバンの販売台数を伸ばしたホンダでしたが、オデッセイ終了後のラインナップはミドルサイズミニバンのステップワゴンとコンパクトミニバンのフリードのみに。

大型ミニバンとしてエリシオンが復活するという噂もありますが、まだまだ確定に至る情報はなく不透明です。

セダンなどと同様にSUV人気に押され気味のミニバン。ステップワゴンよりも大型のミニバンがホンダから登場するのか注目されています。

ヴェゼルが好調!新型CR-Vも2022年登場?さらなるモデル拡充は?

ホンダ ヴェゼル

世界中で人気のボディタイプとなっているSUVは、ホンダではコンパクトSUVのヴェゼルとミドルサイズのCR-Vをラインナップ。

ヴェゼルは2021年4月23日に新型が発売開始となり、1ヶ月で3万台を超える受注があるなど先代に続いてデビューから人気を博しています。CR-Vも現在開発中とみられていて、2022年内に新型は発売開始となる見込みです。

また、東南アジア・南米といった新興国で販売されているBR-Vの日本市場導入も期待されています。BR-Vは、CR-Vとヴェゼルの中間的なサイズのSUVで、コンパクトなボディながら7人乗りであることが売り。日本でのウケも良さそうです。

さらにヴェゼルよりも小型の「ZR-V」が登場する可能性もあり、ホンダのSUVラインナップが充実していくかもしれません。

軽・コンパクトカー・SUVの横展開を広げていく?

今後のホンダの展開についての予想をまとめてみると、「Nシリーズ以外の新型軽自動車」「フィットと軽の隙間を埋めるコンパクトカー」「さまざまなボディサイズのSUV」の3点となります。

オデッセイに代わる大型ミニバンの登場も期待したいところですが、今のトレンドであるSUVよりも優先度は低いでしょう。

2022年以降は各メーカーが新型EVを発売していく予定となっていますが、ホンダも同様に新型EVを投入していくものと思われます。今後のホンダがどのような商品展開をおこなっていくのか注目です。

新型リーク情報提供求む!
「ディーラーで聞いた」など、読者の方からの新型車情報を募集しています。情報提供をしていただける方はこちらよりご連絡ください!

その他の最新情報

マツダがスポーツカーの特許申請!ついにロータリースポーツ復活か?

【動画有】日産の軽EV「SAKURA」のテストカーがアメリカで目撃される!

次期型が遂に発表!今最も注目されているトヨタのフラッグシップSUV

ついに登場!ジムニーのロングホイールベース

執筆者プロフィール
MOBY編集部
MOBY編集部
新型車予想や車選びのお役立ち記事、車や免許にまつわる豆知識、カーライフの困りごとを解決する方法など、自動車に関する様々な情報を発信。普段クルマは乗るだけ・使うだけのユーザーや、あまりクルマに興味が...
すべての画像を見る (6枚)

画像ギャラリー

コメント

利用規約

関連する記事

関連キーワード